自己啓発

読書をアウトプットし人生を変える方法、5選。

お疲れ様です。

ハサミギロチンです。

今回は読書についての記事となります。

突然ですが、

「読書で未来を変えたい」

そう思ってはいませんか?

まあ、読書をする人には、いろいろなパターンがあると思います。

趣味で本を読んでいるだけの方もいるかもしれません。

これからの未来を変えるために、自己投資として読書をされている方もいるかもしれません。

ただ、僕が思うに、

本を読んでいるだけでは、未来は変えられない。

と思っています。

というのも、どれだけ本を読んでも、それをアウトプットすることが出来なければ成果は伴わないからです。

まあ、ある程度読書を積み重ねるだけでも、考え方は少しづつ変わります。

突き詰めて考えると、無駄な読書というものはありません。

ただ。

「アウトプットできる効率」

というのは、実は方法によって変わってきます。

そう言ったこともあり、

「今回は、本を読んで生産性を上げる方法」

を5つ紹介させていただきます。

読書をアウトプットし人生を変える方法1.とりあえず本に慣れる。

とりあえず、本に慣れることが大事です。

実は本を読んでいる人の中には、惰性で読んでいる方って結構いるものです。

大事なのは、

惰性にするのではなく、習慣にすること。

習慣化により、日々の積み重ねが発生します。

これは読書に限った話ではないのですが、

日々の積み重ねは想像の遥か上を行きます。

毎日少しずつでも、コツコツ続けていたら、自分でも信じられないほどの力を出せるようになっている。

いつか、そう気づく日が来るのです。

だからこそ、本を読む習慣をつけるため、まずは活字に慣れる必要があるのです。

本に慣れるにはどうすればいいのか?

別にカッコいい本を読まなくても良いということです。

例えば、実用書。

確かにそこに書いてあることを活用できれば、今後の人生で役立つでしょう。

しかし、実用書の内容を理解するには、専門の知識を要することが多いです。

経験のある方も中にはいるかもしれませんが、

「本の内容を理解できていないまま、ほったらかしにしてしまい、結局に何も身についていない。」

「クエスチョン フリー素材」の画像検索結果

そう言ったこともザラにあるのです。

僕が思うことは読書が嫌いになりそうだったら、

「いったん本から離れてみる。」

ということですね。

どれだけ、有意義な本でも、その内容を頭で理解できなければ意味がありません。

さらに言えば理解できなければ、つまらないと感じてしまい、

「読書自体を嫌いになってしまう可能性」

「勉強嫌い フリー素材」の画像検索結果

すら、あり得ます。

参考までに。ラノベは悪くなかったりする。

「ラノベ おすすめ」の画像検索結果

活字に慣れるという意味では、ラノベは悪くなかったりします。

読書家の中には、

「ラノベを見下している人がいる」

と聴いたことがあります。

これはまあ、好き嫌いだから、いた仕方ありません。

とはいえラノベは、「ライト」ノベルの名前の通り、軽い感じで読むことが出来る。

ここは非常に魅力的な点であり、見逃してはいけないところではないでしょうか。

先ほど、「活字に慣れていくことが大事」と書きました。

それを前提に考えれば、

気軽に手に取れ、サクサク読める内容のライトノベルは活字に慣れるうえで、うってつけ

と、言えると思います。

僕自身。昔は避けていたジャンルでした。しかし、一旦読み始めるとページをめくる手が止まらなくなるんですね。

そう言ったこともあってか、今となっては一ファンだったりします。(笑)

あくまで僕の感覚ですが、下手な小説よりも出来が良いと感じる作品も多いです。

賛否は分かれますが、僕自身、本に慣れるうえでは非常に有効だと思います。

読書をアウトプットし人生を変える方法2.自分の好きなジャンルを知る。

関連画像

本を読むことに慣れたら、自分の好きなジャンルを探してみましょう。

自分の成長のために自己啓発や実用書を読む人は多くいると思います。

とはいえ、「そういった、ためになる本だけ読む」というのは僕自身、あまり良くないのかな?

とも思います。

それは調度、栄養満点のサプリメントだけ摂取するだけではいけないのと、なんとなく似ていますね。

「自分がどんなジャンルの本が好きか?」

それを知ることも、実はとっても大事なことなんです。

読書は何度も言う様に、続けることによってその効力を発揮します。

だからこそ、自分の好きな作品やジャンルを探してみて、本を好きになってください。

好きなジャンルの本を見つけることが出来たら、自然と読書をすることが好きになっていきます。

嫌々読むのではなく。

本当に意味で、「趣味は読書です。」といえるようになるのです。

好きなジャンルの見つけ方

好きなジャンルってどうやって見つければいいの?

と思う方も中にはいるのではないかと思います。

だからここでは、好きなジャンルの見つけ方を紹介していておこうと思います。

僕が思う見つけ方の一つを紹介すると、

ベストセラーの小説をとりあえず読んでみるということですね。

見て分かると思うのですが、とてもミーハーな考え方です。

しかし、良く考えてみると。

そもそもベストセラーになった作品というのは、面白いからベストセラーになったわけです。

社会で受けているからベストセラーになっているわけです。

そんな小説は限りなく面白い可能性が高いのです。

そして、面白いからこそ、どんなジャンルであろうと、最後までスラスラと、読めてしまうものが多いのです。

近年(直近10年ぐらい。)のベストセラー小説をとりあえず読んでみて、その中から自分に合っているジャンルを探してみるというのが、良いですね。

慣れてくると、

アンテナの張り方

を覚えることが出来ます。

どういった作品が自分に合っているか?

それを、サーチする能力に磨きをかけることができるのです。

僕の場合、SF系の小説が大好きでした。

あり得ない超常現象などには胸を躍らせるのが僕という人間なのです。

だからこそ、SF系を好んで読んでいたのですが、それを繰り返していると。ラノベ系なんかも読むようになりました。(笑)

こんな感じで、自分のアンテナを持っているとジャンルを超えていろんな好きなものが出来たりします。

それもまた、読書を繰り返していて良かったと思えることですね。

いろんな作品に触れることよって、引き出しが増えて、生き方が豊かになるんですよ。

読書をアウトプットし人生を変える方法3.実践しながら読む。

先ほどまでは、とりあえず本を読むことをお勧めしました。

が、ここでは、実用書や自己啓発系の本の活用法を書かせてもらいます。

実用書系の本はとりあえず、実践しながら読むことをお勧めします。

ポイントは2つあります。

それは、

・頭で理解すること

・体で理解すること

この2点です。

頭で理解すること

「天才 フリー素材」の画像検索結果

これは、

本に書いてある内容の活用法を理解すること。

これが出来れば知識が増え、引き出しが増えます。

知識を蓄えておくと、人生におけるいろんな局面で有利に戦うことが出来ます。

例えば、保険の知識を知っている人とそうでない人では、経済的な面で大きな開きが生まれるといいます。

知識を蓄える。

一般的な読書の目的はこれではないかと思います。

そして、多くの方も実はここで止まっているのですね。

ところが、ぼくは

ここからさらにもう一歩踏み込んだワンランク上のものがある。

と思っています。

体で理解すること

関連画像

上の通りです。

これがワンランク上の読書術であると思います。

これは、

本の内容を知識として、蓄えるだけでなく、実践できるようになる。

ということです。

僕が思うにこれこそが、「読書の真の目的だ。」と思っています。

実践するうえで大事なことは?

「アウトプット フリー素材」の画像検索結果

「まず、行動に移すということです。」

それが出来なければ、せっかく得た知識も使わないまま放置してしまうことになります。

「宝の持ち腐れ」も良いところです。

ということで、

得た知識の活用法をしっかり見極めて行動に移してみる。

これが重要であると思います。

ただ、これは言い切れることなんですが、

「得た知識を行動に移してみても最初はうまくいかない」

ということですね。

というのも、

・理解すること。

・実践すること。

この2つには、天と地ほどの違いがあるからです。

知識を得ることはわりかし簡単です。

しかし、

「その知識を実践すること。」

これが、かなり難しいのです。

頭で思い描いたイメージ通りに動くにはかなりの鍛錬が必要になります。

ほとんどの人は、知識を得るまでは良いものの実践できるレベルになる前に断念してしまいます。

そこで、大事なことは

失敗することはある程度仕方ない。

と割り切ることですね。

というか仮に失敗しても、そこから何かを学ぶことが出来れば、それは実質成功です。

ということである程度失敗に対して、さらには出来ない自分に対して寛大でいることが僕は大事であると思います。

読書をアウトプットし人生を変える方法4.その分野に関する本を複数冊読む。

「本 フリー素材」の画像検索結果

実用書つながりで言うと、

その分野に関する本を一冊だけでなく、複数読むこと。

これは、自分のスキルを磨くうえで有効だな、と思います。

理由としては、

同じ分野の中だけでも、「色んなやり方」が存在するからです。

例えば、「ホームランの打ち方」と一口に言っても、

筋肉を鍛えたり、打ち方を変えたり、タイミングの取り方を変えたり。

こんな感じで、いろんな方法が存在するわけです。

それと同じように、どんな分野に置いても結果を出すためのノウハウはいろいろあるんです。

だからこそ、いろんな本を読んでさまざまなノウハウを知識として蓄えること。

これは、今後の成長に大きくつながると思います。

一つに分野に対して、本を一冊読んで終わるのではなく30冊くらい読んでみるといろんな知識が集まります。

その知識は、その分野で戦果を挙げるための武器になり、盾になるものです。

ぜひ、より多くの武器を手に入れるためにいろんな本を読んでみましょう。

読書をアウトプットし人生を変える方法5.繰り返し読む

「繰り返す フリー素材」の画像検索結果

復習という言葉があります。

僕が思うにはこれは、非常に大事です。

復習をすることによって、知識はより強固で、確実なものになります。

僕が思うに、知識レベルを語る上で、かかせない要素は2つあると思っています。

それは、

・知識の幅

・知識の深さ

知識の幅

知識の幅は

「どれだけ広く知っているか」

ということですね。

これはいろんなジャンルに手を出して、日々、アンテナを広げておくことによって磨き上げることが出来ます。

先ほど書いた、「その分野の本を複数冊読む」ということ。

これも言ってみれば、知識の幅を広げる方法で有効なものの一つですね。

基本的に、いろいろなことを知っていれば、それだけ引き出しが増えます。

そうなると、その分野で戦っていくうえで非常に有利になります。

情報とは言ってみれば武器です。

そして当然の如く、戦場では武器が多い方が優位に立てるものです。

勝つためにいろんな幅広い知識を手に入れましょう。

知識の深さ

そして。

知識の深さはその分野について、

どれだけ精度の高い知識を持っているか?

ということですね。

一つの分野を極めようと思えば、知識の深さというのは非常に重要になります。

「○○にわか」という言葉がありますが、超一流になりたいのであれば、当然その、「にわか」ではいけませんよね。

ガチ勢になる必要があるのです。

例えば、将棋の羽生さんは間違いなく将棋界のレジェンドで、言ってみれば最強のガチ勢です。

「羽生善治」の画像検索結果

羽生さんがここまでの結果を残せたのは、ひとえに将棋に関する知識が誰よりも深かったからではないでしょうか?

誰よりも将棋の怖さを知り、将棋の奥の深さを知っていたからこそ羽生さんはあらゆる局面でその強さを発揮できた。

そう、僕は思っています。

と考えれば、知識を深めるために復習することはかなり大事なことであると思います。

羽生さんは将棋が終わった後、自分のさし方や相手のさし方。

それを念入りに再度確認し、「復習」したそうです。

そうすることで、自分の将棋をより深みに導こうとしていた。

といいます。

そう考えると同じことを繰り返す重要性はなんとなく理解できてくるのではないでしょうか?

超一流の人間でもやっていることなんですから。

繰り返し読むことで理解度が向上する。

実用書でも、最初の1回を読んだだけでは、筆者の言わんとしていることを理解することは、ほぼ不可能です。

だからこそ繰り返し読むことを僕はオススメしています。

1回目よりも2回目、2回目よりも3回目。

そういった風に何度も読むことによって、知識の精度が確実に上がってきます。

知識の精度が上がってくると、実戦では、頭の中にあるイメージをよりスムーズに再現出来るようになります。

何度も読むことによって頭の中でイメージが固まってくるためです。

なんとなくイメージできると思いますが、

固まったイメージというのは、あいまいなイメージと比べ、得てして再現をしやすいものです。

最後に

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

本を読むことは人間の内面を鍛えあげ、より高尚な人間になるうえで、限りなく有効な方法だと思います。

だからこそ、本をたくさん読んでいくことは僕は大事だと思っています。

人間最終的には内面勝負ですからね。

最初にも書いたように、仮に難しい本を読むのを苦痛だと思った時は、いったんその本を本棚にしまってみる。

これでもいいのではないかと思っています。

やっぱり、続けようと思ったらある程度、楽しさ感じることも大事ですからね。

これは読書だけでなくあらゆる分野にも通ずることだと思います。

そういったこともありまして、読書を惰性でやっているなとなんとなく感じている。

そんな人は、

続きが楽しみになる、心躍るような作品に出会ってみることをお勧めします。

僕としては、ラノベがオススメですよ(笑)。

騙されたと思って一度読んでみて下さい。たぶんページをめくるのが止まらないはずです。

青春ブタ野郎シリーズはめちゃくちゃ面白かったです。

「青ブタ 小説」の画像検索結果

とまあ、今回はこのぐらいしておきます。

今回の記事を参考にしてもらえれば、僕としては嬉しい限りです。

それでは改めまして、ご清聴ありがとうございました。

最後に、これからいろんな分野の本を読んでいく方々に送るべき言葉を一つ紹介します。

私に特別な才能はありません。非常に強い好奇心を持っているだけです

アルバート・アインシュタイン

「アインシュタイン」の画像検索結果

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.