野球

軟式野球の打ち方。万人に使える技能とスキル【確固たる基本】

万人に使える打撃理論

これを今回は紹介したくて、書き上げました。

目次

【打ち方】軟式野球と硬式野球は別物である。

大前提。

軟式と硬式の打撃にはそれぞれに異なった哲学があると思っています。

軟式打ちと呼ばれるものについて。

軟式の打撃は

「捕まえる」が表現的に近いと思います。

より詳しく言えば、バットの面で捉える打ち方。

細くなったテニスラケットでボールの一点ではなくすべてを包み込むと言えば、分かりやすいかもしれません。

とにかく上の打ち方が出来れば、ヒットは増えると思います。

ヒットを打てる確率=ボールをちゃんと捉えられる確率

これが、打撃の絶対法則です。

とはいえ。それが出来れば苦労はない

しかし、それが出来れば、みんな4割打者です。

やはり、打撃は結論だけでなくそこに至るプロセスをしっかり理解するべきなのだと思います。

そのうえで、体現できるようになること。

そうすれば、確率は上がっていくはずです。

今回は具体的な論理を語る。

ってことで、今回は

どうすればボールを面で捉え、ショートの頭を超えるライナーを打ったり、外野の3メートル頭上を越える飛球を打てるのか?

経験則より、書いていこうと思います。

 

順を追って説明していきます。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能1.当てる

第一に来るのはやはりここだと思いますね。

当てることです。

これは、単に「当てる」という話をしているのではなく

スイートスポットに当てる。

ということです。

 

こういうのは、一番ヒットになりやすい打球はバットの芯で捉えられた打球だからです。

(当たりまえ)

当てるだけ、と芯に当てるは全然違う。

コンパクトスイング=スイングを小さくする

でないことをここで書いておきます。

 

自分のスイングで確実に芯で捉え、野手の間を抜く鋭い打球を放つ

 

これがコンパクトに振る、ということです。

プロ野球にはお手本がいる。

吉田正選手、森友哉選手。

こういった選手も良いです。

YouTubeならば、パリーグTVで見れます。

パリーグTV

さらに言えば、ゴジラと呼ばれた松井選手。

プロ野球選手ながら軟式野球においても参考になりうると思います。

これを見れば打撃において、芯で捉えることの重要性が理解できると思います。

ボールを芯に当てるのはどうすればいいのか?

マスコットバットを振る

ただひたすらに振り続ける

すごくシンプルなのですが、これ。

重いバットを振り続けていればバットコントロールが身に付きます。

なぜならば、スイングするときに軸がブレなくなる筋力が身に付くからです。

 

素振り=バットを使う筋トレ

です。

 

スイングに一本の芯が通っていると、目線がずれることが減り、さらにパワーのロスが抑えられます。

(回っているコマをイメージすれば分かりやすいかも)

結果、ジャストミートする確率が上がりそれが野手の間を抜く打球になるのです。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能2.乗せる

最初に「捕まえる」という感覚を話しました。

その捕まえるという感覚は突き詰めれば

「乗せる」

という表現に行き着くのだと思います。

(人生で野球に携わってきた人は耳にしたことのある表現だと思います)

 

では、乗せるという感覚を言語化してみるとします。

乗せる=ボールの軌道にバットを乗せる

「乗せる」という感覚は

ボールの軌道にバットを乗せる。

ということであると言えます。

簡単な図です。

バッティングはバットとボールを使った交通事故

ボールを迎えに行くのではなく、前から来るボールのラインにバットを入れる。

あくまでも相手から勝手に来るわけであり、ボールの通り道にバットを入れること。

この意識です。

変化球はどうすればいいのか?

変化球にしても同じことです。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能3.前に持って行く。

つまるところ「フォロースルー」ですね。

打撃は「ベクトル量」が大事になります。

「力の向き」こそが重要なのです。

力の方向をいかにしてフェアゾーンに強く向けられるか、より深く掘り下げればセンター方向に向けられるか?

それが質の良い打球を飛ばすカギになります。

大飛球にはセンター方向への力がかかっている

良い打球とはセンター方向に強くベクトルがかかっている打球です。

レフトへのホームランも、ライトへのホームランも結局センターへ強い力がかかっているからこそ生まれるのです。

一旦まとめる。3つのポイント。

  1. 当てる
  2. 乗せる
  3. 前にもっていく

【本題】全てを統合するために

大事なのは一つ一つの論理をつなげていき、一つにまとめることだと思います。

点と点を結び、線にする。

今回ならば、点は

  1. 当てる
  2. 乗せる
  3. 前にもっていく。

この3つですね。

これらを線で結び、一つの結論に達する必要があります。

全てをやると打てない

全てをやっていこうと思えばピッチャーのボールを打つところではなくなると思います。

 

前振りなしで、いろいろ試行錯誤した結果、僕が行きついた結論は次の通りで、

外野ノックを打つつもりで打席に立ってみる

ノックを打つ感覚で打席に立つ。

これ。

※イメージです。

外野ノックを打つ時の感覚は理想的であると思う。

ちょうど外野ノックを打つ時の感覚が、

理想的なボールを待つ感覚に似ている

と僕は開眼しました。

 

手元にバットがある人はぜひ試してみてください。

外野に気持ちのいいフライを打つ時に感覚を。

そのとき、体のどこにも無駄な力が入っていないはず。

実際のところ

僕はこれで打席に立ちます。

重たいビヨンドを振り回すのではなく、ボールのラインに置く。

とすれば、速いボールでも、遅いボールでも関係ありません。

打つのではなく、外野ノックを打ってあげる

とすれば、変に気負わなくていいしスイングが柔らかくなり、ショートの頭を超える打球が増えました。

外野が果てしなく広い、両面グラウンドでは恐ろしい力を発揮します。

実際に外野ノックを打つ練習をしても良い。

外野ノックが上手く打てない人は実際に外野ノックを打ってみると良いです。

そこで感覚を掴みましょう。

外野に飛ばすのがどういった感覚なのかを。

打ち方をもう一度おさらいしてみると。

軟式野球の打ち方をもう一度振り返ってみると

ボールを「潰す」というよりも、「捕まえる」。

そして外野にボールを「飛ばす」ではなく「乗せる」。

ですよね。

 

この打ち方は、ちょうど外野ノックを打つ感じに似ているのです。

打席での意識

右打者ならば、左中間を意識しましょう

ショートの頭上ですね。

そうすることによってヒットゾーンが広がるからです。

無理に外野を超えることは意識しなくてもOKです。

足を上げるタイミングやテイクバックは各々で。

ここで足を上げるタイミングやテイクバックが気になる人は、そこまで気にせずに行きましょう。

ノックを打つ時も気にしないはずです。

 

兎に角、

ボールのラインにバットを置くこと。

この一点のみ、意識する感じです。

どうでしょうか。試行錯誤の末に行き着いた打ち方です。

どうでしょう。あえて名前を付けるのであれば

ノック打法

でしょうか。

実践してみることをお勧めします。

百聞は一見に如かず。まずは近所のバッセンで。それでも無理なら実践ぶっつけでも。

ノック打法をより充実させる2つの手段

  1. 筋肉をつける
  2. ビヨンドを使う

筋肉を増やすこと

この打ち方はボールを捕まえて運ぶ。

ここに真髄があります。

 

芯で捕まえれば打球の威力が上がりますが、さらに遠くに飛ばすには筋力が必要です。

瞬発的に発揮される熱量を増やし、さらには体がブレないように筋肉を身に着けるのです。

強い体はシンプルにパフォーマンスを向上させます。

 

そういった意味では筋トレは正攻法ともいえる、飛距離アップ法です。

プロ野球選手も取り組んでいます。

自宅で完結する野球の野手、打者向け筋トレ。着実に大打者になろう。

自宅で完結する野球の野手、打者向け筋トレ。着実に大打者になろう。

ビヨンドを使うこと

バットで捕まえる打ち方とビヨンドの相性は抜群に良いです。

ウレタン部分(ゴムみたいな部分)がボールを掴む役割を持つからです。

 

そういった意味ではビヨンドを使うこともありです。

 

ビヨンドは基本的に重たく筋肉が無い人ならば、「振られます。」

しかし、筋肉を増やすことが出来ていれば扱うことも可能であり、使いこなせれば

鬼に金棒ならぬ、マッチョにビヨンドです。

使うか使わないかは個人の自由です。

軟式野球で一番飛ぶバットの性能ランキング。【実打撃の感想アリ】

 

最後に。バッティングを深堀すればスランプに強くなる

バッティングは水物。

調子がいいかと思えば、次の瞬間にはスランプが待ち受けている。

これがバッティングの怖さです。

それでも絶望するにはまだ早いと思っています。

確率の良いやり方を深堀して、基本を固めていくこと。

これさえできれば、スランプに対しある程度強い、

「安定感のあるバッター」

になれるのではないかと思います。

 

遠くに飛ばしたい?ヒットをたくさん打ちたい?

それならば今から動き出しましょう。

それだけの道具と理論が現代軟式野球には揃っているのですから。

野村克也「野球は頭のスポーツ」

考えて結果が出た場合それは非常にうれしいことです。

趣味の領域を超えて実生活にもいい影響を与えるものであると僕は思っています。

 

最後に、僕の好きな言葉を一つのこし、ペンを置きたいと思います。

疑わずに最初の一段を登りなさい。

階段のすべて見えなくてもいい。

とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

Take the first step in faith. You don’t have to see the whole staircase, just take the first step.

~キング牧師~

参考書籍について。

今回の打撃理論を確立するにあたって、いろいろな書籍を読み漁りました。

勿論、打撃理論の芯の部分は自分の中で築き上げた物であり、それは実打撃の中で培ってきたノウハウです。

とはいえ、そこに至るまでに一レシピとして様々な人の論理を自分の中に取り入れたことは間違いのない事実です。

これは、学ぶの語源が真似ぶ、という話の通りです。

そこで、敬意を込めて参考書籍を紹介&宣伝していこうと思います。



トクサンTVが教える 超バッティング講座

打席での心構えを草野球人ならではの経験則で解説されているバイブル、学んだスキルを使いたくなる。

そして、日曜日が楽しみになる一冊。

同じ草野球人として参考になる部分が多かったです。

野村ノート

打撃の基礎を学ぶ以前に、野球人としての基礎を学べる伝説の一冊です。

草野球といえど、野球は野球です。

多くの技術論を確立した野村監督の哲学からは、試合で結果を出すための秘策がたくさん掲載されています。

また、野球のみならず人間としてより高いレベルに自らを引き上げるにはどうすべきかも説かれた人生の書だと思います。

落合博満バッティングの理屈

平成の三冠王がどういった考えをもって打撃を掘り下げたのかは、野球人として一読の価値があると思います。

一流の考えに触れるだけで、ある種自分がやってきたことの答え合わせになりますしね。

一応言っておきますが、

バッティングは理屈でどうにかなるものではありません。

最終的な部分はやはり、積み重ねてきた経験や感覚が物を言うのだと思います。

されど、理屈がなければ結果は安定しません。

自分がどういった考えをもってして今の打ち方をしているのか、それを事細かに説明できる野球IQの高さ。

これこそが結果を出し続けるうえで大事なことではないかと思っています。

そういった意味では、野球IQを引き上げるうえですごく役立った一冊です。

 

参考ツール

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

少ない時間の中で、いかにして本を読み進めていくかと言えば電子書籍にお世話になりました。

試合の前日、試合後、試合の一週間前。

スキマ時間を活用し様々な哲学を学ぶうえで僕のそばにはいつもスマホと電子書籍があったのです。

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-野球

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.