趣味

軟式野球の打ち方。万人に使える技能とスキル。

どうも、こんにちは。

野球好きが集まり、チーム一丸で勝利を目指す。

軟式野球は良い運動になると同時に人間力を磨くきっかけになります。

その点を踏まえると、最高の趣味といえるでしょう。

僕もやっているのですが、毎度毎度有意義な体験をさせていただいています。

 

僕自身、野球に携わっていた期間が15年となりました。

培った経験をもとに今回「万人に使える打ち方」を指導させていただこうかなと思います。

【打ち方】軟式野球と硬式野球は別物である。

大前提。軟式と硬式の打ち方は別物です。

硬式打ち

「ボールの中心から7ミリ下を叩く打ち方」

これが硬球の打ち方です。

スピンがかかったボールは遠くに飛んでいく。

結果。長打が出やすい良い打球を打てる、ということですね。

軟式打ち

軟式はボールを「運ぶ」意識が大事です。

言ってみればテニスラケットのように面でボールを捉え、

バットで捕まえる。

感覚を持つ。

これが軟式の打ち方です。

人によってはこの打ち方が出来ません。

硬式よりも難しいという人がいますが、実際に軟式ボールを完璧に打つことは難しいです。

 

まあ感覚的な話はいいとして具体的にどうすれば打てるのか。

具体案を説明していきます。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能1.当てる

まず当てることが大事です。

「当てる?バッティングなら当たり前じゃないか」

と思うかもしれません。

でも、この場合で言う「当てる」というのは、

「バットのスイートスポットに当てる。」

ということです。

軟式は「芯に当てたもん勝ち」のゲーム

「芯」で捉えることが出来ると、

もうその時点でバッターの勝ちですね。

3割程度の力でも外野の頭を超える打球を打てます。

特に「最近のバット」を使えば、飛距離を稼ぐことは容易です。

ビヨンドのおかげで野球が変わりつつある

ビヨンドを使うチームが増えてきました。

単純にその性能が高いからでしょう。

しっかりとボールを捉えなくてもウレタンがボールを捕まえてくれます。

普通のバットなら潰れてポップフライになるようなあたりも、ビヨンドなら大飛球になります。

ミート力のなさを補ってくれるようになった

と言えます。

 

ビヨンド=飛ばすもの

というイメージもあります。

ただ、現場の人間から言えば、

詰まった当たりでもヒットになる確率を増やすもの

だと思っています。

パワー不足を補う。当然これにも役立ちます。

ただそれ以上にミート力のなさをカバーしてくれる役割がビヨンドにはあるのです。

注意点

バットに当てるだけでも良い

この意識が

「スイングが小さくしてしまわないか?」

と危惧する声も出てくるのではないかと思います。

しかし

コンパクトスイング=スイングを小さくすること

ではないです。

 

自分のスイングで確実に芯で捉える。

これが、コンパクトに振る。

ということです。

 

吉田正選手、森友哉選手はいいお手本です。

プロとしては小柄ですが、2人とも球界を代表する打者ですよね。

高いミート力に加えてボールを遠くに飛ばす力も超一流。

それを支えているのは、ボールをミートする力に加えて、大きなフォロースルーにあると僕は踏んでいます。

あれのおかげで最後まで力が伝わり、捉えた打球は飛んでいくのです。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能2.乗せる

「乗せる。」

これは感覚の話です。出来るだけ理論で話したいと思いがありますが、どこまでいっても

スポーツは感覚でやるものです

それを踏まえてここでは乗せるという感覚を紹介します。

乗せる=ボールの軌道にバットを乗せる

「乗せる」という感覚は

ボールの軌道にバットを乗せる。

ということですね。

簡単な図です。

 

まず前提として、あらゆる動く物体は軌道を描いて動くわけです。

 

日常的に目にするものとして、車は分かりやすいかもしれません。

国道一号線でも、世田谷区の裏通りでも、動く物体である車は軌道を描いて進んでいるのです。

そして、あくまでたとえ話ですが、その状態で軌道の反対方向からトラックやブルドーザーが突っ込んでくると、どうなるのか?

これは、簡単ですよね。

交通事故が起こります。

そして、ここがこの話の核心となります。

バッティングではこの「交通事故」を起こすことが僕は大事だと思っています。

ボールの軌道上に、バットを入れることによって前から来るボールと、こちらのバットがぶつかりエネルギー(熱量)が生まれるわけです。

そのときの熱量でボールは遠くに飛んでいくわけです。

一流のバッターの条件

例えば、一流のバッターはこの軌道に乗せる技術が上手く、言うなればたびたび交通事故を起こしています。

上記のような、トップレベルの選手は、変化球であろうと剛速球であろうと自らの経験則と哲学によってボールの軌道を熟知しているので、

クリーンヒットやホームランを量産できるわけですね。

とすれば、大事になってくるのはボールの軌道を読んでバットを入れること。

それに大事になるのは経験則と相手投手の研究です。時には1打席を犠牲にしてでも相手投手の球筋を研究してみること。

これも必要になる場合があるかもしれません。

お手本

先ほども、例に挙げましたが、やはり吉田正選手は乗せるのも上手だな。

と思っています。(オリックスの回し者ではありません。)

この選手は、まずボールの軌道にバットを入れ、そこから豪快に押し出しています。

それによって、ボールに自身の体重を乗せて京セラの五階席にカチこんでいるわけです。

だから、ミートとパワーの両立が出来るわけなんですね。

軟式野球の打ち方・万人に使える技能3.前に持って行く。

前に持って行く。

これは、つまるところ「フォロースルー」ですね。

ボールを芯に当てることこれは確かに大事なことです。

しかしそこをゴールにしてはいけませんよ。

 

大事なことは

「ボールをとらえて、なおそこから打球を前に持って行く」

ことなんです。

 

結局打撃は「ベクトル量」が大事になります。

力の方向をいかにしてフェアゾーンに強く向けられるか。

それが質の良い打球を飛ばすカギになるわけであり。

これは物理法則の話ですから、否定が入る余地もないでしょう。

フォロースルーをよくしていく方法は何があるのか?

僕は

バットをピッチャー方向に放り投げる。

というイメージを持っていました。

 

良い打球とはセンター方向に向かって強くベクトルがかかっている打球です。

レフトへのホームランも、ライトへのホームランも結局センターへ強い力がかかっているから、飛距離が生まれるのです。

そういった意味ではバットを放り投げるイメージを持つことが効果的だと思って取り組んでいました。

 

実際にやってみると、振り遅れてもあと一伸び欲しいところで伸びてくれたり。

引っ張ったレフト線がフェアゾーンに残ってくれたりしてくれていたので、効果はあったのかな

と思っています。

イメージが難しい人は

外野にノックをするイメージで打席に立ってみる。

ということをお勧めします。

 

無駄な力を抜き、ボールを面で捉えるイメージで構える。

そうすればフォロースルーも無駄に力が入っているときよりも振り抜けたりします。

良いフォロースルーは脱力から生まれるのです。

 

軟式野球のバッティングは硬式野球のバッティングよりかテニスに近い。

というのが個人的な見解ですね。

練習に使えるアイテムを紹介します。

以前野球人の間で反響のあったカウンタースイング。

打ち方はすごく大事で、良い打球を打てるバッターは良いフォームを身に着けている物。

僕も使用していますが時間をかけ型が身に付き、確率が上がってきました。

カウンタースイング

まとめ。

バッティングは水物。

調子がいいかと思えば、次の瞬間にはスランプが待ち受けている。

これが、バッティングの怖さです。それでも絶望するにはまだ早いと思っています。

 

今回は、「安定したフォーム」を身に着けるため僕なりに思っている「理想的な打ち方」を一つ、書いてみました。

・当てる

・乗せる

・前に持って行く

の3点ですね。

 

ぜひ、糧にしてもらえればと思っています。

考えて結果が出た場合それは非常にうれしいことです。

趣味の領域を超えて実生活にもいい影響を与えるものであると僕は思っています。

軟式野球で一番飛ぶバットの性能とコスト。【注意が必要】解説していきます。

軟式野球でホームランを打つのに必要な物【揃えれば必ず】

最後に、僕の好きな言葉を一つのこし、ペンを置きたいと思います。

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

Take the first step in faith. You don’t have to see the whole staircase, just take the first step.

キング牧師

-趣味

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.