生き方

【仕事など】何を頑張っても無駄になる人はここを意識すべきです。

頑張っても無駄になる。

ここに関して悩んでいる人は多くいるのではないでしょうか。

どれだけ熱意があっても、仕事を覚えられずに周りに迷惑をかけたり、あるいは恋愛においても不器用さが先行してうまくいかなかったり。

 

実の所、昔は僕も糞真面目ではあったのですがその真面目さが裏目に出まして、いまいち結果が出ませんでした。

一言で言えば要領が悪い感じでして、仕事ではいつも怒られていたように感じます。

 

どれだけ頑張っても報われない中で、

「努力をするのなんてばかばかしい」

とさえ感じることもありました。

 

多分。

これを読んでいる人の中にも僕と同じようなことを感じている人は何人かいるのではないかと思います。

とはいえ、ちょっと考え方を変えれば人生は割と順調な感じで進むみたいで。

今回は僕が思う。

努力の仕方とか、意識の変え方を書いていきたいと思います。

 

この記事を書いている人間↓

  1. 筆者は25歳でブロガーやってます。
  2. 月収は150万円です。
  3. ブログトップを見て、本当かどうかは判断してください。
  4. 効率の良い努力の仕方をある程度心得ている

頑張っても無駄になる人へ

考え方を変えるだけで世界はだいぶ変わりますよ。

 

今になって思うことはともかくは

見る世界を変えること。

これこそが努力が報われるようになるうえで大事なことだった、と感じます。

 

努力が報われない人は努力の量自体は問題なく、方向性に問題があるわけです。

言ってみれば大阪行きを目指しているにも関わらず東京行きの新幹線に乗っている状態です。

速く目的地に着ける新幹線でも行き先が違っていれば、いつまでたっても目当ての場所にはたどり着けません。

 

なまじ、努力をしている分。

「まだ結果が出ないのか?」

「こんなに努力しているのに?」

と、焦ってしまいさらに負のスパイラルに巻き込まれる悪循環に陥る。

だからこそ、どれだけ頑張っても結果が出ないというわけですね。

 

ということで、まず大事になることを書きますと。

「考え方を変えて見る」

ということです。

具体的に考え方を変えるには

  1. 兎に角、自己啓発書を読みまくること
  2. まったくやらなかったことをやってみること。
  3. 趣味を増やすこと

これらが大事であると思います。

頑張りを無駄にしないために1.自己啓発書を読みまくる

これはすごく大事だったと思います。

自己啓発書、つまるところ優秀な人が書いた著書を読みまくって引き出しを増やすことは非常に効果的です。

一見すると地味な作業に見えますが、こういった誰でも出来るようなことを日々積み重ねることで、簡単な見落としが減り、また機転が利くようになり、失敗をしにくくなります。

 

本の中には歴史に名前を刻むようなすごい人や、時代の最前線を生きる怪物の意見が詰まっているわけで。

そこに触れるだけでも、何かしらの恩恵が受けられることは間違いのないことです。

 

「賢い」という言葉はよく使われますが、本当の意味で賢い人は

「自分のことを無知だと自覚している人」

だと思います。

そこさえ理解していれば、日々の努力を続けることが出来ますから。

【きっかけ】自分磨きに厳選したオススメの本10冊。【変化】

【きっかけ】自分磨きに厳選したオススメの本10冊。【変化】

頑張りを無駄にしないために2.新しい世界に足を踏み込むこと

本を読むことはすごく大事なことですが。

それと同じくらい大事なことは、実戦経験を増やすことであると思います。

 

「知っている」とはとどのつまり、

五感で触れ、その物事の本質を理解していること

を差しますね。

 

本で読んだ知識だけでは、手に入らないものがあります。

だからこそ、それを手に入れるために現場に足を運ぶ。

そこから得た知識こそが、本物の知識であり、結果を出すうえでは何よりも大事なものです。

 

例えばお金稼ぎをするのならば、金融とか、株とか、アフィリエイトとか。

そういったモノの知識だけでなく、実際にその世界に足を踏み入れて現物の知識を仕入れる必要があり。

そうすることで初めて「知っている」という状態になるワケです。

 

例えば、僕の場合はブログの世界で実際にお金を稼いでいるのでこういったことが書けます。

ブログでどのぐらいまで稼げるのか?生計は建てれるのか。

ブログのメリットってどこにあるのか?ここを知っておけば後に・・・

ブログって記事を投稿するだけで良いの?【良い記事の作り方も解説】

そこで得た知識を文章を使って説明をしているので非常に分かりやすく。

多くの人を集める武器になっているのです。

頑張りを無駄にしないために3.趣味を増やすこと

趣味を増やす。

娯楽のレパートリーを増やすことは引き出しを増やすうえで効果的だと思います。

娯楽とは一種の勉強です。しかも楽しむことが出来る分、普通の勉強よりも効率が良いともいえます。

そう言った娯楽を1つや2つに絞ることは個人的にはもったいない。と僕は思っていて、多種多様なことに身を乗り出していけば良いのではないかと思っています。

そうすることで、IQとはまた違った人間的な賢さを磨くこと出来ます。

こういった賢さもまた、活きていく上では必要になるのです。

娯楽なら作品を楽しむことアリだ

忙しくても、最近はスマホ一つで作品を見ることが出来る時代です。これもまた良い娯楽でしょう。

 

映画なら、ドラゴンボールZの「たった一人の最終決戦」。

漫画ならキングダム、のだめカンタービレ、宇宙兄弟。ですかね。

僕が組織で無能だった話。

何処かで触れたとは思いますが、僕は組織では結構無能でした(笑)。

良かれと思ってやった努力がすべて空回りし、直属の上司に常に白い目で見られていたなあ。

と思います。

 

2年目はそれなりに努力したことで、ある程度仕事が出来るようになりました。

ただ、一度ターゲットになった人間はその後もずっといじめられるわけで、僕にしてもパワハラは続きました。

次第に会社で働くことが億劫になって、会社に行きたくなくなりました。

「このまま、ここでやっていけるのか」

と。

 

ある日のこと会社に行くとき、無断欠勤をしてみようと考えました。

車に乗っている時

「ここを左折したら、会社と逆方向だな」

と。

 

ただ、僕は一歩を踏み出せずにいつも通り会社に出勤するのでした。

そのときに、

「ああ、俺って会社を辞めたいんだな」

と思いましたね。

絶対に覚えておいた方が良いこと→報われない場所は絶対ある

ここで一つ、僕の経験値から言えることを書きます。

それは、

どれだけ頑張っても報われない場所はある

ということです。

 

僕は工場員でして、そこでやる仕事をまったくこなせない、

というわけではなかったです。それでも、続けることがとてつもなく苦痛でした。

だからここではとてもじゃないけど続けられないとして、辞めるに至りました。

 

ただ、現実はどうでしょうか。

やりたくない仕事を、死に物狂いで続けている人が多くいるのではないか。

と思います。

 

もちろん辞めたいのはやまやまだけど、

「辞めたらこの先の人生がどうなるのかわかったもんじゃない。」

とかリスクに気を取られ、自分らしく生きられていない人がいるのではないかと思います。

ただ、嫌なところ頑張ったところで頑張りって報われないし、むしろそう言ったところで頑張り続けることが何よりのリスクなのです。

 

だったら僕が思うことは一つで、

「別のところでやってみたら?」

ということを提案したいですね。

自分で自発的にやる努力はちょっと楽しい

僕は副業を始めました。

その中で、生まれて初めて自分なりの努力というものを始めたのです。

思ったことは、

「自発的にやる努力は楽しい」

ということであり、

「今までの努力はどこかでやらされていたんだな。」

ということでした。

 

出来ないことが見つかり、それを解決するために調べ物をして。

そして、試してみる。

それの繰り返しの中で、自分が大きく成長していくことを実感しました。

僕が変われたきっかけ

僕が、確信して変われたな。

と思ったきっかけがあります。

 

それは、副業を初めて半年後のことでした。

それまで0だった収益がやっと入る様になったのです。

それが、大きく変われたきっかけだったなと思っています。

人が変われるきっかけは、結果だと思う

結果が出た時。人は大きく変われるのだと思います。

それ程、「結果」というものは大きな意味を持つのです。

 

仮に今頑張っていても、無駄になる人は

とにかく結果を出すこと。結果が出なければ意味がないとまで思うこと。

これを意識してほしいです。

 

「もうやってるよ!」

という人も今一度考えてみてほしいです。

というのも、自分は結果を求めてやっていると思ってやっていても、どこかでプライドを捨てきれず、自己流の努力を繰り返している人が多いからです。

 

結果を出すためには、人がやっていることを参考にしたり、専門書から知識を得たり。

それをがむしゃらに続けたりすることが大事で、

今までの人生で培ってきたノウハウを一度は手放すことが大事です。

それが死ぬほどつらいことだというのは分かります。また、一歩踏み出すことに勇気がいることも理解できます。

ただ、人生は死地に赴かないと変えられないことがある。

ということも、また真理だと思います。

コツの一つ。期限を決めて、努力をする

○○までに結果が出なければ、やり方を変えてみる。

見切りをつける決断力も僕は大事だと思っています。

 

僕も、ブログで1年以内に結果が出なければ辞めようと思っていました。

その代り1年間は本気で頑張ることを心に決めやりまくりましたね。

すると人というのは、普段着以上の集中力をもって物事に取り組むことが出来るわけです。

努力が報われるようになる、大事な考え方

現在は、努力がそれなりに報われて月収150万円前後です。

ここまでくるまでに、どういった考え方をしたのか。と言えば、

 

「一つのことに集中すること。」

 

これをとにかく意識してきたと思います。

報われない人はいろんなことを頑張りがち

頑張ることは大事です。

ただ、頑張ろうとするあまり

自分の手に余る課題に取り組む人。

これは、けっこう多いですね。

 

「あれは必要だ。」

「これも必要。」

「あとこれも大事だな。」

 

必要な物を絞り切れず、いろいろ頑張ろうとするから結果が出ないのです。

 

例えば、自分が1000の労力を持っているとして、ピアノ、ドラム、ギター、ベース、歌。

これらの練習をする人がいたとします。

一方で、

「俺はギター一本で行く」

といって、ギターをとにかく頑張りまくった人がいたとします。

前者の人間は、各分野に均等に力をそそぎ200ずつ上達する。

それに対して、後者の人間はギターだけをやっていたのでギターが1000上手くなります。

 

社会的に結果が出るのは間違いなく、後者ですね。

経験則から言えることは器用貧乏の需要はあまりない。

ということです。

 

お金を稼ぎたいのであれば、とにかく一つのことに絞って突き進んでいった方が効率は良いと思います。

ドリルの先端はとてつもなく面積が狭いですが、それゆえに貫通力を生むのです。

本当に大事な物を一つを決めて、そこに力を注ぐ

結局のところ、本当に大事な物って3つや4つもあるわけでなく。

一つか、多くても二つに絞られるものです。

 

そして。多くの場合、捨てても困らないもので僕たちの周りは溢れかえっている。

捨てる勇気

捨てる勇気を持つこと。

 

何でも手に入る世の中になったからこそ、僕たちは「足し算」をしようとします。けれど、本当に目を向けるべきことは「引き算」なのです。

必要ではないものを、削ることが出来れば、その分体軽くなります。

それが、推進力になり自分を高みにつれていったくれます。

結局のところ、前に進むにしても上に上がるにしても、重さは障害でしかない。ということですね。

ということで、繰り返すようになりますが。

一点集中

これを意識してみることを僕は提案しますね。

 

いろんなことをしていて尚且つそれで、結果が出ないのなら。

立ち止まり。

自分がすべきことを厳選した上で。

残った分野を思いきり掘り下げていく。

 

頑張りが報われないとき、僕たちはどう考えればいいのか?

って感じで、いろいろ書いてきたわけですがはっきりと言わせてもらいますと、

「どれだけ頑張っても結果が出ないときなんて腐るほどある」

わけです。

 

そう言った時はもう、シンプルに

開き直る

これが、大事ですね。

 

そもそも、努力は基本報われないものです。

天才と言われている人でも、実はとんでもない量のトライ&エラーを繰り返しているわけで。

イチローもこんなことを言っています。

4000本のヒットの裏には、8000回の悔しい思いがある

かの天才打者でも、1万2000回以上の打席に立って、3回に1回成功するかどうかなのです。

 

歴史に名を残すプレーヤーでもそうなのですから、僕たちがちょっとやそっと失敗したぐらいで嘆いたりするのは、情けない。

という話です。

 

繰り返します。

失敗は繰り返すものだと思います。

それでも、それを繰り返す中で必ずと言っていいほど身に付くものがあります。

それが失敗に対する免疫です。

失敗を繰り返すと、失敗に強くなる

いま、報われなくて嘆いている人の中には、嘆くほど挑戦していない人もいるハズです。

僕も、昔は結果が出ないときほど、

「才能が」

「環境が」

となげいていました。けれど、今思えばこんなのは言い訳に過ぎないことに気づきます。

死ぬ気で努力を繰り返していけば、自分がまだまだ未熟であることに嫌でも気づかされるわけで。

自分を未熟だと知り尚続ける努力に、成果が伴うのです。

実際に1万時間の法則という言葉があるぐらい、一つの分野を掘り下げることは重視されています。

最後に

死なない限りは、コンテニューできる。

これが人生の良い所であり、そういった意味では

「失敗を多くした人の方が得。」

と言えます。

 

最終的に報われればOKですから、今できる最善の努力。

これを一つ決めて、堀進めていきましょう。

その内、油田が見つかっておいしい思いを出来る日は来るものです。

 

  • 捨てる勇気
  • 失敗に対する免疫
  • 結果を出すことにこだわる。

今回話した、この3つを頭の片隅に入れて、頑張って行ってもらえればうれしく思います。

それによって、何かしらで結果を出すことが出来れば、僕としてもうれしいですね。

 

ということで、今回は以上です。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.