野球

軟式野球で一番飛ぶバットの性能ランキング。【実打撃の感想アリ】

僕は草野球に向こう7年ほどお世話になっている一野球人ですが、

やはり

性能が高いバット

というものは存在します。

それを使うことによって。

打率が上がり、

長打率が伸び、

試合に勝てたりします。

 

昨今、勝ちを目的にやっているチームも多い中。

「良い道具を使うことはもはや当たり前の時代になっているのではないか。」

と感じます。

 

それを踏まえて、今回は筆者がオススメのバットを紹介していきたいと思います。

題名にもある通り、感想、主観が前面に出ています。

そこをご了承いただいて、読んでもらえれば幸いです。

1位.ギガキング02

ギガキング02はミズノから発売されたウレタンバットで、飛ぶバットの中では最もポピュラーだと言えます。

値段が高く、ボールだけでなく福沢諭吉も飛んでいく恐ろしいバットですが、チームで割り勘購入するパターンが一般的みたいですね。

 

長所は

ミートしやすく遠くに飛ばせる

このシンプルなところにあります。

 

バッターの長年の悩み、

「ホームランを打ちたいけどバットが上手く扱えない。」

ここにアプローチした結果。

今となっては

チームに一本は見るほどの汎用バットになってしまいました。

はっきり言って、バットに悩んでいるんだったらギガキング02を黙って購入するのが一番安パイです。

(こう書くとステマに聞こえるかもしれませんが)

2位.MM18

パワーヒッターやクラッチヒッターにオススメの一本。

打球の弾きがよく、初速が速い。

よって

外野を超えるフライや、間を抜くライナー。

これを打つのに適したバットだと言えます。

 

一方で、トップバランスの宿命か当てて転がすタイプの打者にはオススメ出来ないかもです。

ホームランを毎打席狙える打力はないけど、長短打でチャンスを拡大したい中距離打者にオススメです。

3位.asicsバーストインパクト


全真芯的バットです。

バットが総てウレタンで出来ています。

 

トップバランスで、操作性はそれほどないカモです。

ただ、詰まったり先で打ったりしてもヒットになる確率は高いです。

理由は先ほども書いた通り、

全てウレタンで出来ているから。

値段も2万円程度。

ウレタンバットの中ではお買い得です。

4位.ハイパーマッチョエアー


あくまでミート重視のバットです。

しかし、

芯で捉えた時のマッチョは初速がとてつもなく速い。

結果的に、ウレタンバットにそん色ないほどの飛距離がでます。

それに扱いやすいということは、一発よりもシングルがほしい時、効果的に使えます。

その点は飛距離重視のトップバランスにはない優秀さです。

5位.ブラックキャノン

ブラックキャノンといって、恐らく一番飛ぶカーボンバットです。

現時点でウレタンバットの対抗馬はコイツぐらいでしょう。

 

操作性が良くて、弾きがよく。率を上げるうえでも一躍買ってくれるバット。

打感も小気味がいい感じで、芯で捉えることに病みつきになると思います。

番外編.レガートゼロ

あいにく僕は実打撃をしたことがありません。

とはいえ、公開されている試し打ち動画では恐ろしさが垣間見えた感があります。

今後手に入ることがあれば、情報を提供したいと思います。

※追記ビヨンドマックスギガキング02の性能について

いろいろ書きましたが、

 

やっぱりコイツだと思います。

 

人によっては打率1割UPも考えられます。

 

打球の質がワンランク上がるバットです。

内野フライ→ポテンヒットに。

内野ゴロ→レフト前ヒットに。

外野フライ→レフトオーバーに。

凡打にあえぎ打率を落とし悔しい思いをしている。

その場合、このバットはいかんなく力を発揮し。

 

猛威を振るうと思います。

他のバットとの違い

ホームランバッターのバットは一般的に

トップバランス

と呼ばれるものが多いです。

 

先端に重心があり遠心力が効きます。

そのために当たったときの熱量が大きくなります。

よって打球が遠くまで飛んでいくわけです。

 

とはいえ、トップに重心があるということはバットが出にくくなるわけです。

ということは見逃し三振。ぼてぼての内野ゴロ。

これが多くなり、差し込まれることが増え内野フライも増えます。

ギガキング02のここが凄い。

ギガキング02はそうならないために、振り抜ける調整をされています。

先端の部分がキュッと絞られていて、バットコントロールをしやすくしてあります。

一見すると、しょうもない違いですがこれが決定的な違いを生み出します。

本質はヒットを生み出すバットだ。

強打者向けのバットですが、本質はヒットメーカーですね。

なぜならば、

詰まっていてもヒットが生まれる確率が高いから。

ウレタン部に当たれば、根っこだろうが先だろうが。

それなりの打球が生まれるのです。

 

まさにそういう点が、多くの人に愛用される理由だ。

と使っていて感じています。

使われて嫌なバットがギガキング02だと思います

総括すれば、

投手が使われて嫌なバット

ここにギガキング02の本質が詰まっていると思います。

また使い手のトレーニング次第では、まだまだ伸びしろがある

そもそもビヨンドは

持ち主のパワーをロスなくボールに伝える。

ことにあります。

 

ということで、ゴリゴリに筋トレをする。

もしくは打球へのアプローチの仕方を変える。

それによっては大幅な飛距離アップが狙えるバットではないか。

と言えます。

 

まさに鬼に金棒です。

自宅で完結する野球の野手、打者向け筋トレ。着実に大打者になろう。

飛ぶバットを使う時、忘れてはならないこと

一通り紹介しました。

一つ言えることは

飛ぶバットは打球の飛距離を底上げし。

打率も底上げする。

ということです。

さらにもう一つ言えることは

やはり使用者の実力もある程度依存する

ということです。

バッティングの原則

筋肉×技術×道具

これです。

今回紹介したのはあくまで、3要素のうちの一つだけ。

確かに打てる確率は上がるかもしれませんが、それが全てではないです。

野球に100%は無く。

いかにして100%に近づけるか?

なのです。

 

そういった意味では、良い道具を購入するのは素晴らしいことです。

しかしそこにかまけていては、結果が出ないことだってあります。

そこは知っておくべきであり、ですから、

日ごろのトレーニングも兼ねてマスコットバットでの素振り。

それから、自重だけでも構わないので体を動かし、キレを磨くこと。

これを意識すべきだと思いますね。

 

ちょっとやるだけで全然違いますよ。

名刀は、名人ありき

上の通りです。

くどいようですが、

日々の努力が必要です。

それを一野球人として言い残したかったです。

 

もう思い残すことはないので、今回の記事をたたんでいこうと思います。

 

ご清聴ありがとうございました。

野球道具にスポーツゼビオ

【スーパースポーツゼビオ】

実店舗に行ってバットがない。

アマゾンで購入しようとするも、欲しいものがない。

そう言った時はゼビオスポーツの公式サイトは心強い味方です。

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円程度です。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者がつき5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプ ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-野球

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.