趣味

軟式野球で一番飛ぶバットの性能とコスト。解説していきます。

軟式野球で一番のバットを何かご存知ですか?

スラッガーに聴けば恐らく、満場一致で

ビヨンドマックスギガキング02

と答えると思います。

それだけ、凄いバットです。

バッティングで遠くに飛ばすうえで大事なのは、乗せることです。

ギガキング02はその乗せる性能が高いバットです。

ボールを潰すことなく、力を余すことなく伝えることが出来るため、打球が伸びる。

価格が高いことは玉に瑕ですが、結果を出すことにこだわるのならこのバットを購入し。

さらに、扱えるように体を鍛える。これが一番の近道です。

良いバットを使えば勝てる?

半分嘘。半分ホントです。

飛距離は金で買う

アフィリエイトをしている人は、バットを売りたいからそういいます。

真実を言えば、野球というスポーツは良く出来ていて、道具だけでは勝てない世界なのです。

最強装備をそろえても勇者が雑魚なら強敵は倒せない。

板前も包丁のキレ味に見合った腕前がなければ、獲物はさばけない。

つまるところそういうことです。

大事なことは、自分の実力に見合ったバットを選ぶこと。

ホームランが打ちたいのなら

練習が大事です。

どういった練習をすべきか?

ギガキング02を体の一部のように扱う練習。

ウレタンは若干重く、扱うには筋力と、体の使い方を覚える必要があります。

それを身に着けるまでに、それなりの自主練習が必要になるわけですね。

社会人ならば、時間をうまく操る工夫が必要になると思います。

苦労して打つ価値はある

とはいえ、苦労に見合う価値はあります。

ホームランを打つメリットは非常に大きいですね。

  • 防ぎようがない
  • 楽して点が入る
  • 味方の士気が上がる
  • 自慢できる
  • 相手の士気が下がる

こんな感じですね。

点数以上のダメージを与えられる点を踏まえ、

ホームランは野球の中で最も価値あるプレーです。

それを打てる選手はグラウンドにおいて、相応の価値を誇ります。

野村監督の言葉を借りると

プロの世界で4番やエースは育てられない。

だから外人か、他所のチームから取るしかない。

価値ある選手になるため腕を磨くことは一選手として尊敬に値します。

僕もダイヤモンドを一周する感覚が忘れられません。

だから、日々練習に励んでいます。

ビヨンドマックスギガキング02の性能について




軟式用バット ビヨンドマックス ギガキング02 

シンプルに飛ばすバットです。

ただそれで終わらないのが、このバットのすごさです。

それなりにバランス調整がされていて、扱いやすい。

そこが一線を画すポイントだと思います。

スラッガー用のバットとは、重くなりがちです。

質量=熱量

この法則は覆せず、バットが重たければボールと接触時、相応の熱量を発揮します。

それが、遠くに飛ばすことを可能にするわけです。

とはいえ。

そのせいで、バットが出てこなく見逃し三振。ぼてぼての内野ゴロ。

詰まったフライを繰り返すバッターも多いはずです。

そうならないために、振り抜ける調整をされているのがこのバットのすごいところです。

科学と化学を詰め込んだ兵器です。

具体的な性能表について

飛距離 BC コスト
S B 5万円

こんな感じでしょうか。

コストは高いです。

ただ、飛距離を生む点と、飛ばすバットにしては扱いやすい点。

この2つは脅威であると感じます。

ビヨンド独特の感触も、使い続けていたら病みつきになります。

ある意味では、悪魔と契約するようなものだと言えるかもしれません。

僕が思っている一番恐ろしい点

ただ、飛ばすこと以上に恐ろしく感じる点があります。

それは、

詰まっていてもヒットが生まれる。

という点。

ジャストミートで外野の頭を越される。

これは投手心理的に納得でき、切り替えが出来ます。

一方で明らかに打ち取った当たりを内野の頭を超えられたり。

外野フライが2ベースになったりするのを見ていると、

「やってらんねえなあ。」

と思ったりするのです。

投手と外野手の心を折りに来る、ここにギガキング02の真髄が詰まっている。

そう僕は思っていますね。

オススメ出来る人

  • 使いこなそうと努力出来る人。
  • 金を出せる人
  • 結果主義の人

こんな感じになるのでしょうか。

使いこなすために、どういったことをすればいいか?

という話をすれば、

  • マスコットバット
  • カウンタースイング
  • 筋トレ

この3つに取り組んでいくことだと思います。

バットを振る力と打てる型を身に着ける。

これこそ、ホームランバッターに必要な近道です。

こんなに良いバットがあるのにゲームバランスが取れている理由

性能が良いバットがあるのに、打高にならないのは、

道具だけでは結果が出ない。

からです。

直径数10㎝のボールを、直径数10㎝の楕円形の棒で打ち返す。

非常に高度な技術が必要です。

イチローが4000本のヒットを打った時

4000安打の裏には8000の悔しい思いがあった。

と語っています。国を代表する天才打者がそういうんですから、間違いなくバッティングは難しい。

だからこそ少しでも、

難しい→簡単

にするため、練習が必要になるわけですね。

色んなチームを見て思うこと

色んな草野球チームを見る機会があります。

すると、どのチームも上位の選手は3割8分~4割5分ぐらいの成績を残しています。

そこから大きく水をあけて2割8分・2割6分、2割4分ぐらいの成績が続きます。

ここの差は何?と言えば、

打つために努力しているか?

になると思うんですよね。

週末打つため、いかに腕を磨いていくか。

備えている選手は結局打てるものなのです。

では、その備えって何?と言えば

筋トレ・素振り。

この2つだと思います。

時間がない社会人とは言え、ここをするだけで大分違ってきます。

打ちたいのならやってみよう

最初は腕立て伏せだけでもいいと思います。

とにかく

やってみよう

そう思うことが大事です。

筋肉は年を取ってからでもつきます。技術もある程度ならついてきます。

後発組でも気にせずやってみよう

後発組でも大飛球を打つことは可能だ。

これが僕の意見です。

だからこそ、とにかくやってみることが大事です。

良いバットを購入したとき、宝の持ち腐れにならないように。

言うなれば、筋肉も野球道具です。

手入れを怠らなければスパイク、グラブ同様返してくれます。

しかもグラウンド外でも役立ちますから、素晴らしいの一言です。

・・・ということで、ギガキング02について語るつもりが打撃論に車線変更してしまいました。

とはいえ、これが僕なりのウレタンバットに向ける思いです。

良いバットに見合った、良い体作りをして試合に臨んでいきましょう。

ということで、今回は以上です。

 

-趣味

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.