生き方

【工場員の将来性】やめた人間がおもったこと。【人それぞれですw】

現場で働く

これで収益を得ている人が対象の記事です。

どういった話をするかと言えば、

工場員の将来性について

です。

 

筆者も実は5年間ほど工場勤務をしていました。

油舞う、工場の中でしごきにしごかれ最終的には人間関係が原因で退職し。

今現在は在宅ブロガーをしています。

 

一応は工場で5年間、在宅で3年間続けていた人間ですから、工場で働いていた時に感じたこと。在宅で働いて感じたこと。

これについて、客観的な意見を出せると思います。

 

それを踏まえて、出来るだけ建設的な話が出来るように心がけますので良ければ読んでいってください。

工場員の将来性については人それぞれだと思いますw

いろいろ調べてみると、工場員でいることは絶望的だ。的な記事やそれを主張するサイトもあります。

しかし一工場員だった人間からすれば

人それぞれだ

ということです。

結局のところ本人の向き不向きに左右するところが大きいと思いますね。

僕にとっては間違いなく絶望的でした。

彼女も出来ない、友達も出来ない、車もない、スキルもない。

そう言った中で連日連夜残業続きでした。

残業の理由は工場特有の納期の存在です。

どんな物作りにも共通して言えることは、依頼側が設定する期日を守る必要があるということですね。

 

そう言った中で、馬車馬のように働かされ、パワハラもやまないまま。

心身ともにボロボロになった僕は、

「こんな仕事を続けていたら、俺の人生は詰みだ」

と感じまして、副業を始めました。そこからスキルを学び人生を展開して行った感じです。

 

とはいえ、工場一つとっても納期の存在が緩かったり、もしくは納期自体はめちゃくちゃ多くても。

周りの人間が優秀ならば残業なんてしなくても良いわけですから。そう言った人は工場でスキルを磨き続ける。

それでいいんじゃないかなと思っています。

それに厳しい職場環境も自分を磨く手段だ

工場という厳しい職場環境も言ってみれば、

修行の場

という風にとらえることが出来ます。

精神的に余裕があるのであれば、そこである程度経験値を積みつつ。

副業に手を出して収益を膨らませ、太らせ、実らせ。

 

副業>本業

 

これになることを待ってもいいのかなと思います。

僕の場合は副業を初めて1年目で65万円稼げるほどにスキルを太らせることに成功しました。

そのときは月/30万円稼げるぐらいにはなっていたので。

「分岐点だなあ」

と思って、工場勤務を辞めブログにシフトチェンジしました。

現在はフリーランスで月収は150万円程度稼がせていただいてます。

工場で働くのも、ブログで稼ぐのも、プロ野球選手になるのも。

どんな仕事にも共通して言えることは、

仕事は所詮、金を稼ぐ手段でしかない。

ということです。

 

すごく、機械的な冷たさを持つ言葉になります。

 

しかしながら、結局は

「そう言うもの」

としてとらえるべきです。

どれだけ続けてきた仕事でも、もっと稼げて環境の良い仕事が転がっていたらそちらに移るべきです。

なぜなら、

楽しくてお金を稼げる仕事に移った方が良い人生を歩める確率が高いから。

 

多くの人は仕事に対して、情を入れ込み過ぎます。

 

確かに、工場勤務ならば長年使ってきたトルクレンチには愛着が湧きますし、業務のおばちゃんへの感謝。優しかったおじいちゃん派遣社員を何とかカバーしてやりたい。

そう言った気持ちだって湧いてきます。

しかしながら、やはり仕事は生きる手段でしかなく。

ある程度の線引きが必要になります。

人間は苦労して得たスキルを手放せない。

工場での仕事は奥が深く。

1人前になるまでに結構時間を使います。

そのせいか、自分のスキルに対して愛着が湧き、

それを手放すのは忍びない

そう言った気持ちが湧いてくるわけです。

これをサンクコスト効果と呼びます。

 

パチンコなんかで、大金をつぎ込んだにもかかわらず負け続ければ、それを取り返そうともっと大きな金額を投資します。

せっかくここまでやったんだから

と。

仕事に関してもこれが当てはまるのです。

スキルの価値で物事を考える

僕も経験があるのでわかるわけですが、しかしながらこういった考え方はどうでしょう。

スキルの時間/金

言ってみれば、そのスキルの価値ですね。

 

僕の場合は工場でネジを作っていました。綺麗なネジを作るには手先の器用さと機転が必要です。

それに、1種類のネジをマスターするのにもすごく時間がかかります。

 

1人前になるには、数十種類のネジを必要最低限のクオリティで作り続ける必要があります。

僕の場合は一つの機械を与えられるのに3年の月日を要しました。

3年と言えば1000日ですから、凄い労力を使っています。

所が、そこで得られる収益は時間当たりで見てもそれほど多くないわけです。

 

一方でブログはどうか?

スキルを身に着けるには相応の時間が必要なのですが、稼げる金額はねじ工場でやっている10倍近くある。

それに、人と会わなくても良いので精神的な衛生も保てる。

 

そう言った点において、

ブログ>ねじ工場

この式が成り立ちますから、僕はそっちに移ったわけです。

とはいえ、お金が全てではない

ただ、いろいろ言ったものの。

人間は人間ですw

お金が全てではなく、家族とか職場の人間関係とか、恩とか、選択するうえでいろいろな要素があります。

ですから、総合的に見て、

工場の仕事>他の有力な仕事

この式が成り立つのであれば続けていくべきだと思っています。

工場という閉鎖的な空間だからこそ、世界を広げるべきだ

ということで、工場員で働き続けること。

これに関して僕の1意見を述べてみました。

あくまで、工場での仕事に価値を見出せるなら全然アリ

ということです。

 

とはいえ、間違いなく言えることがあり。

世界を閉ざすことは良くない

 

工場は割と狭い世界だと思います。

同じ人間ばかりと会い、同じ業務内容を日々こなしていく。

そう言った中で、世界観が凝り固まっていく傾向があると僕は感じます。

動物としてみた時、人間という種族の強みは柔軟性があることなのに、その強みを捨てるのはもったいない話です。

ですから、いろいろな世界を見て、世界を広げることで別の仕事や新しい価値観を見出してみる努力をしてみてはどうか?

と思っています。

世界を広げる手段について

話が長くなりましたので、ひとことアドバイス的に書いていきます。

  • 読書
  • 副業
  • クラブチーム
  • 娯楽

1.読書

本を読むことはすごく大事です。

凡人を秀才に変える

そこに読書の「本」質があります。

 

読書量を増やせば、明らかに考え方が変わります。

そう言った土台は絶対に生きていく上で不可欠なものになり、考え方が変われば生き方が変わるのです。

ですから、体力のあるうちに読書時間を設けて活字に触れる機会を作っておきましょう。

自分磨き本。ムソウするための厳選オススメ10冊。【無双、夢想】

自分磨き本。ムソウするための厳選オススメ10冊。【無双、夢想】

2.副業

副業は机と向かい合っているだけでは出来ない経験を与えてくれます。

お金を稼ぐことの難しさ。自分の才能。結果が出るまでにかかる時間。

そこでは自分の物差しを測ることが出来るのです。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

という言葉がありますが、自分の力を知ることが出来れば社会で生きやすくなります。

そして、うまくいけば収益は5倍、10倍に増えるわけですから、やらない方がもったいないというものです。

3.クラブチーム

僕は草野球をしています。

その中でいろいろな価値観を共有できたりして、精神的に充実した時間を過ごすことが出来ています。

どれだけ孤独な人も、やはり人と関わらないと生きていけません。

ですから、多少は人と関わる何かしらの機会を作ってみることが大事なのかな。と思います。

とはいえ、ぼっちにはぼっちなりの生き方もありますが。

4.娯楽

最後に言いたいことは、

人間、真面目なことだけでは成長できない。

ということです。

こんな感じで、図を書いたのですが。

物事には本質と遊び

この2種類の部分があると思います。

熱意がすごくあって、物事の本質ばかりを見ようと躍起になっている人も結構います。

でも、スキルを伸ばしたり、人間的に成長するにはちょっとした無駄なことも必要になる。

これが僕の思うことですね。

 

そういった意味では、たまに肩の力を抜いて娯楽作品を楽しんでみてはどうか?

というのが僕の主張です。

何気なく見ていたアニメが、ある特定の物事の見方を180度変えることだってざらにあるわけで。

ですから、漫画やアニメに投資することは悪いことではないと思っていますね。

【20代にオススメのアニメ】生き方を変えるうえで。【効果的な物】

【20代にオススメのアニメ】生き方を変えるうえで。【効果的な物】

まとめ、工場は日本の背骨。素晴らしい仕事だ。

工場は日本を支えています。

そう言った観点から言えば、素晴らしい仕事です。

5年間勤めた僕からしても、奥が深く学べるところも多くありました。

ただ、先ほども言った通り

世界の視野が狭まりがちになる

そう言った恐れがある。

ということも頭に入れておいた方がいいかと思います。

人間の可能性は無限にあるので

人間、死ぬ気になればある程度の物になれる

僕は思います。

だから、一生工場で働き続ける。

こういった考えを少し変えて、

工場も良いけど、他にもいい仕事はある

こういったmindを持つことも有効ではないでしょうか。

 

恋愛に浮気は禁物ですが、仕事は浮気をしてもOKです。

むしろいろいろな仕事に触れてみることで、本業の仕事のレベルが上がったりするのです。

無駄だと思うことが、すごく効果的なことはよくあり。

人類もそう言った遠回りの中で進歩していったのです。

一個人にしても同じことだと思います。

おさらい

ということで、巻いていきます。

  • 工場員の将来性については人それぞれ
  • 世界観は広げておいた方が吉
  • たまには力を抜いて娯楽を楽しもう

ここをまとめるポイントして、今回は終わりにしたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

 

問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ。

ピーター・ドラッカー

(マネジメントの著者)

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.