生き方

人生に疲れた人は新しい世界に踏み込めば、いいと思います。

人生に疲れた。

最も、シンプルにして最大級の問題でしょうね。

ただ、地球が自転しているからこそ。

どれだけモーターがさび付き、車輪がきしむ音を立て、タイヤがパンクしていようとも、

前に進まないといけません。

「ボロボロになりながら、だましだまし歩き続けること。」

それが人生というものだからです。

生きること。

とりわけ

「普通に生きること」

ってすごく難しいことなのです。

誰にも褒められることはなく、気にかけてもらうことなく白紙のページをただただめくっていく日々。

それは一言で「空虚」というほか、ないかと思います。

目次

人生は疲れるために生きるもんだ

結論、

人生は疲れるために生きるモノ。

非常にめんどくさい物

といえるでしょう。

生まれたばかりの赤ん坊は泣き叫びます。

あれはこの世に生まれた悲劇を呪って泣いているのです。

前世の記憶がわずかながらに残っているからこそ、またあんな人生を歩まないといけないのか?

と、絶望するわけです。

 

つまるところ、

人生は外れくじです。

逆宝くじ、アンHAPPYな貧乏くじと言えるわけです。

だからこそ、自分で意味をつける必要があります。

とはいえ、そう言った力に逆らうことが出来ます。

それが人の強さです。

白紙のページしかないのならば、日々自分で書き足せばいいのです。

そうすれば、何かしらの意味が生まれ、意味が生まれるならば大なり小なり価値が生まれます。

価値が生まれれば、生きる意味だって出てくるはずです。

 

結論

諦める勇気があるのなら、戦い続ける勇気だってある。

ということです。

 

ということで、

「めんどくさい人生」

これを、

「めんどくさいけど、まあ充実している人生」

に変えていける努力をしていくことが人生の歩み方なのかなと思います。

 

この記事はその具体的手段を提示するべく書いていきます。

せっかくなので、僕の体験談を書いていこうと思います。

まあ、これも何かの縁。

僕の泥臭い人生をちょっとだけ語りたいと思います。

僕の人生は疲弊しきっていたと思う。

筆者は一言で言えば

嫌な思いをして生きてきました。

割と惨憺たる思いを背負って生きてきたので、共感してもらえるかと思います。

不幸自慢をするわけではありませんが、良ければ目を通してもらえれば幸いです。

苦汁をなめ続けてきたと思います。

学生時代、

職場、

私生活。

人生のありとあらゆる場面で苦汁をなめ続けて、疲れ続けていたと思います。

体力的な話ではなく、人生的にですね。

 

端的に言えば、周りの人の1歩は、僕にとっての10歩でした。

多くの人が一発で出来ることを、何倍の労力をかけてやっと成し遂げることが出来る僕はレースにおいては常に最後尾。

グループが100人いるならば、90~100/100を歩いてきたわけです。

皆が青春をして透明な空気を吸っている間、僕は血煙を吸ってきたと言えます。

 

結論、何一つ成し遂げることなく中途半端に生き続け、小学校、中学、高校、そして社会人と年齢だけ積み重ねていき、

気が付けば、22歳になっていました。

ここいらで思ったのが、

「そろそろテコ入れしなきゃヤバいか?」

「人生アプデしないとまずいか?」

ということでした。

 

今思うことは、人生を充実させるトリガーは充実感でもなく、幸福感でもなく

危機感である。

ということです。

 

人類史だってそうです。

暗闇が怖いから火を起こしたし、猛獣が怖いから武器を作った。そして人が怖いから銃を手に取り。

争いが怖いから、心を手に取りました。

危機感こそが人を大きく突き動かす起爆剤になるのだと思います。

 

それを踏まえて思うことは次。

危機感がある時こそ歩こう

人生を変える一番の方法は、

風が吹いているからこそ、雨が降っているからこそ、走る。

というある種の根性論的考え方です。(だと僕は思っています)

危機感があって、雨が降っている状況だからこそ前に進むのです。

でなければ、いつまでたっても頭上の雲は雨を降らし続けるわけですから。

 

ただ、世の中の摂理的な話をしますと、次のことになります。

雨は止むというのが世の常です。

雨はやみます。

少なくとも、やますための努力をしていれば。

 

僕はあちらこちらに肩や頭をぶつけました。

それでも、何とかして第2の人生を歩むことが出来たと思います。

人生は少しずつ変えるのだ。

ここで一つ書きますと、大事なことは

いきなり変えようとするのではなく、少しずつ変えようとすること。

これではないかと。

 

綺麗な花を咲かせたくて、多く水をあげるのは愚策です。

大事なことはまず、土壌を整えること。

物があふれる世の中になって、そこんところを忘れている人が増えているんじゃないか、

と僕は思ったりしますね。

 

人生が疲れた場合、効果的なこと。

正し、人生は変わるものです。

大事なことは、至ってシンプル。

動き出す。

こと。

先ほど書いたように、踏み出す一歩はどれだけ小さくても良い。

とにかく危機感を背中に背負い、その重さを利用して前のめりに一歩を踏み出すことなのです。

人生に疲れた人に送りたい、哲学の話(蛇足です。とばしてもOK)

茹でガエルの話は知っていますか?

蛙を鍋に入れた時。

鍋に張ってあるお湯がゆだつぐらいアツければ、蛙はすぐに逃げ出すことが出来ます。

一方、鍋に張ってあるお湯が最初は居心地の良い温度であるならば、蛙はそこから逃げようと思いません。

そして徐々に温度が上がっているのにも関わらず、蛙は動けず、気が付いたときには茹であがり取り返しのつかない状況になっていた。

というのが、茹でガエルのお話です。

スキルを身に着けることが、人生の疲れを打破することになります。

気持ちのいいお湯につかる以外に楽しいことがあれば、茹でガエルになる前にお湯から出られます。

そのためにはやはり道は一つです。

スキルを身に着けて、新しい世界に飛び込むこと。

ってことで、これがこの話の本題になるのかなと思っていますね。

スキルこそが、人生改革の本質になるのです。

スキルは現状を打破する力があります。

上の通りです。

原始人に狩るスキルがあったから、楽にマンモスを狩れ。

遠くにいる獲物をしとめるスキルがあったから、人は少ない犠牲で争いに勝てるようになりました。

人をまとめるスキルがあったから、争いなどしなくとも世界には、ある程度の平定が訪れました。

そう。

スキルこそが不可能を可能にするマスターキーといっても過言ではありません。

 

現状が疲れるのであれば、労力がなくても楽に生きることが出来る世界を努力で積み上げていけば良い。

具体的なスキルを身に着ける方法

  1. 新しい世界を知ること
  2. 本を読むこと
  3. 行動に移すこと

人生に疲れたら1.新しい世界に踏み入れること。

同じ世界で、同じことをしていても何も変わらない。

自分で現状を変えることが必要です。

現状を変えるのであれば、何よりも機会が大事です。

そして、

機会とは、自分で作るものです。

自分の足で扉の前まで歩き、自分の手でノックすること。

これが機会を作る。

ということです。

これが本当に難しいことなのですが、

とはいえ、

現代ならば、ネットを調べればいろいろ出てきます

今の時代は無料で有力な情報が集められるツールがあります。

そこをうまく活用すれば、手段はいろいろ出てくる感じです。

僕の場合は、とにかく

「お金 稼ぐ方法」

とかで調べて、そこから動き出しました。

 

もっと知りたければ、

マーケティング 本

コピーライティング 本 おすすめ

ブログ 稼ぐ方法

とかで調べればいいわけですしね。

新しい世界に足を踏み入れること。

たとえそこが、良い世界であろうと、悪い世界であろうと。

新しい所に足を踏み入れるとき、必ず価値観が大きく変わります。

 

僕自身、副業という世界に足を踏み入れた時。

お金の稼ぎ方について新しい見方が出来るようになりました。

この時の発見が、今を作っているといっても差し支えありません。

僕の場合、悪戦苦闘しつつも、地道に続けることで、半年後には月/2万PVまで伸ばすことが出来ました。

結果的に、1年後に月10万PV、月収30万円を稼げるレベルにまでスキルが育ちます。

副業をすれば、有意義なスキルが身に付く

勉強とは、実践です。

本当の意味で学ぶということは、ずばり

机の上で知識を吸収するのではなく、現場に赴いて知恵を身に着けることです。

物理学をどれだけ熟知していても、ホームランは打てません。

大事なことはバッターボックスに立って、バッティングフォームを身に着けることなのです。

そういった意味では、副業は最もコスパの良いトレーニング手段だと思っています。

実践の怖さと、結果が出た時に達成感を教えてくれます。

それが、最も栄養価の高い自分磨きです。

また、お金もほとんどかかりませんし、1年ほど続けることが出来れば戦力になるサブウェポンが手に入っている感じでしょうか。

副業にはすごく労力がかかるが。

僕の場合は

工場×ブログ

これでやっていました。

正直言いますと、工場に行きながら副業、これはしんどかったです。

 

感覚で言えば、

本業の仕事が10ならば、副業は5~8の間でやりくりする必要があります。

工場で怒鳴られ、油まみれになった後、家に帰ってパソコンと向き合うのがどれだけつらいか?

想像に難くないでしょう。

人生が疲れた人にとっては、すごくしんどいことなのかもしれません。

 

しかし、

これをやっていれば、人生が変わるかもしれない!!

という希望が、むしろそれまで抱いていた疲れを取っ払ってくれるのです。

そういった意味では、副業をオアシスとして考えることが出来ると思います。

(正直、暴論ですが(笑))

二刀流戦法

二刀流でやっていけば良くて、そこでスキルが十分に育てば会社を辞め、転職なり独立なり新しい環境に身を投じてみればいいと思います。

人生に疲れたら2.本を読むこと

結局のところ人は

「知っていることしかできない」わけです。

読書・勉強において大事なこと

ここで一つ勉強するうえで大事なことを書きますと、

自分が何一つ知らないと自覚することです。

この世界について、砂粒程度しか知らない、と

本当に利口な人とは、自分の無知無学を理解しているから貪欲に知識を吸収し、賢くなっていくわけです。

 

哲学者ソクラテスはこれを

「無知の知」

と称しました。

 

知らないからこそ、学習におけるモチベーションが上がり、すそ野を広げることが出来るのです。

そして、広がった風呂敷の分だけ小道具が増えていきそれが人生の軌道を変えるツールになったりするのです。

本で得る知識には即効性がない。

上の通り、読書の欠点はここにあります。

読んでいて、目立った効果を得ることが難しいのです。

 

正し、必ず役立つことも事実です。

続けていたら、ほっといても

点と点がつながり線になり。

効果的な活用法が分かってきたりします。

僕はここに学問の面白さがあるのではないかと思ったりします。

勉強はシンドイけれど、人生はしんどいことをした方がよくなる、ということは相場で決まっているのです。

人生に疲れたら3.行動に移すこと

これを最初に書いておくべきかと思いましたが、あえて最後に書いておきます。

それは、

行動に移すことです。

タイミングを掴んでいきましょう。

  • 人生に疲れた。
  • 仕事に飽きた。
  • パワハラに耐えられない。

人間にはあるはずです。

動き出すうえで

「今だ!」

というタイミングが。

 

僕にとってのタイミングは、上司のパワハラが限度を超えた時でした。

「もうここでは仕事を出来ない・・・」

そう感じましたし、それがきっかけで副業を始めました。

根拠のない自信

僕が思うことは、

根拠のない自信も時には大事。

ということです。

博打大好き人間

その行動は博打的な要素を多分に含んでいました。

しかしながら、

「なんとなくいける。」

とも思っていました。

結論。

選んだ道は、大成功でして、収入が上がり、自由な時間も増えました。

 

どれだけ、非現実的でも夢物語であっても、自分が正しいとか、未来を変えたいとか。

そういった気持ちを込めて踏み出せば、最終的には良い方に転んでいくことが多いのではないかと、勿論、途中で諦めない心の強さが大事です。

最後に。

ということで、

僕が思っている人生に疲れた時の考え方

について書いていきました。

 

個人的には、

  1. やりたいことをやる。
  2. 最終的には自分のケツは自分で拭く。

この2つの意識があれば、怖いものはないと思います。

会社を辞めると死ぬ?

世の中には、

「会社を辞めると死ぬ」

と勘違いしている人もいます。

 

特に社会人歴が長い人ほど、この思想に陥る傾向が強いです。

僕は5年ほど会社を続けていたのですが、そう思って会社を続けていました。

ですが、会社を辞めたとしても、人間

死にません。

(当たり前)

 

石橋を叩いて渡ることも良いことですが。

叩きすぎると、先を越されますね。

そういった意味を踏まえ、今やりたいことをやっていきましょう。

 

好きなことを頑張っていたら、疲れがなくなるわけではありませんが、疲れを忘れることが出来ます。

最後に一言

どうせ最後には、落ち着くところに落ち着くんだから、好きなことをやろう。

 

ということで今回は以上です。

ご清聴ありがとうございました。

 

何事も、始めてしまえば心は燃えてくる。そして続けていれば、物事は成就するものだ。

~ゲーテ~

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.