生き方 筋トレ

【筋トレ初心者へ解説】全、男の筋トレについて大事なこと【本質】

筋トレで心も体も充実させたい。

でも、

「動き出しをどうすれば?」

「俺なんかでも、出来るの?」

 

大丈夫です。

 

筋肉はやる気で身に着けることが出来ます。

やる気が努力を生み。

努力が、結果を生む。

結果がやる気を生み。

やる気が努力を生む・・・

そしてまた結果が生まれる。

やる気を起点にサイクルが生まれ。

そのサイクルを回し続けることで、地層のように筋肉の層が厚くなる。

これが筋トレの本質です。

デカい体は派手な印象を受けます。

しかし、そう言った体程、地道なトレーニングを欠かさないものです。

3000里に及ぶ険しい道も

思いがあれば1里に等しい。

ということで、今回、筋トレの入り口を紹介してきます。

【筋トレ】鍛えるメリットについて【前提】

筋肉のメリットを簡潔に。

  • 健康にいい
  • スポーツで有利
  • ファッションに良い
  • スタイルが良くなる
  • 自信がつく

どうでしょうか。

テストステロンを分泌させること。

これが男前の最短距離です。

とするのならば、

筋トレ一択です。

今から体をいじめる覚悟を決め。

 

一歩を踏み出しましょう。

人間にとっては、小さな一歩かもしれないが。

人類にとっては大きな一歩である。

~アームストロング船長~

筋トレは肉体だけでなく、精神に好影響を与える。

追記をしておきます。

最も実はこれが一番の恩恵ともいえます。

健全な肉体に健全な魂が宿る

この通りです。

強い体を手に入れるとそれに引っ張られる形で心も強くなっていくのです。

初心者にオススメの筋力トレーニングは自重です。

ということで、初心者に言いたいことはこれです。

最初は

とにかく自重

これには理由があり、それは以下の通りです。

他トレー二ングとの比較でわかる、オススメの理由。

参考までに、表に書きだしてみました。

手軽さ 効力 費用
自重 タダ
自宅器具 4~8万
ジム器具 年十万程度

見てもらえれば分かる通り、

  • 費用がかからず、
  • 危険が少なく、
  • 体の基礎的な部位を育てる

うえでうってつけです。

 

継続すれば、「付くもの」は「付く」

これが自重トレーニングの素晴らしい点です。

 

とはいえ

「想像していたのは、もっとゴリゴリのやつだ」

「体をいじめて、現状を変えたい」

という人はこちらを参考に。

男磨きにおいて効果性を示す筋トレについて。【自室で完結】

具体的に、

家の中で完結するトレーニング器具のそろえ方。

そしてトレーニング法を書きました。

男磨きにおいて効果性を示す筋トレについて。【自室で完結】

最も、どれだけ器具が揃っていても、やはりトレーニングの基本は自重だと思います。

ですから、この記事ではそこを軸に掘り下げます。

ジムは効率よく鍛えられるが・・・

ジムの効率はすごく良いです。

器具もあり、部位を余すことなくいじめられます。

モチベーションも保ちやすいです。

 

しかし、

挫折しやすいというデメリット

も見逃せません。

 

ジムに行く95%が1年後にはジムを使わなくなっている。

という余りに寂しい現実を考えれば、自宅トレーニングの「強さ」、これも理解してもらえると思います。

筋トレは挫折する堤で始める

僕の経験上、筋トレはある程度「辞める堤」で始めることも大事です。

「どうせ続かないだろ。」

と予防線を張っておくわけです。

まあ

「精神的な余白みたいなもの」

ですね。

これを自分で作っておくのです。

そういった意味では、一度辞めてもまた気軽に始められる自重は「初心者向きだ」と思います。

自重トレ、実践編。

  • 方法
  • 効果性がいつ出るか。
  • 継続テク

各々、掘り下げていこうと思います。

今後の糧として、ぜひご覧ください。

その1.トレーニング法

・腕立て伏せ

・スクワット

・腹筋

・体幹トレーニング

これらだけ。

続ける中で体の錬度が磨かれます。

何ら特別なトレーニングは必要ありません。

「こんなのでもいいの?」

という人は、

とにかく1週間続けてみてください。

アプリは部位別に鍛えれていい感じです。

「専門家が作ったアプリを使う方が効率が良い」

という、シンプル理論です。

しかし、

「的を射(え)ている」

と僕は思っています。

 

スマホでの有能アプリは

デイリーワークアウト。

・Googleプレイ

デイリーワークアウト 

・appストア

デイリーワークアウト

無料です。

 

使ってみればわかると思いますが、

死ぬほどハードです。

ただ筋トレにおいて

シンドイ=効果がある

これは絶対法則であり、喜んでやりましょう。

 

毎日鍛える部位を変え、10分やること。

これをノルマにやってみるのが吉です。

回数について

話は戻りまして、基本的な自重に戻ります。

腕立て伏せ→30回

スクワット→30回

腹筋→30回

体幹トレー二ング→30秒。

「それほどしんどくないだろ。」

と思うかもしれませんが、想像以上にシンドイはずです。

ただ、何度も繰り返しますが、

シンドイ=効果がある。

というのは筋トレにおいては常識ですね。

くどいです(笑)

トレーニング頻度について

1週間スパンで考えていけば、こんな感じでしょうか。

× × ×

大体週4ぐらいで取り組むのがベストではないでしょうか。

しかし、別にやりたかったら毎日続けてもOKです。

それが自重の良さであり、やればやるほど体が痛みに慣れていくわけです。

痛みに慣れる=強くなる

ですから、計画なんかぶん投げて毎日ぶっ放すのもアリですね。

 

しかし、社会人は体を鍛えるだけでなく、いろいろあるわけです。

だから、無理は禁物です。

そういった意味で、週別にノルマを刻むのは有効だと思います。

筋トレの攻略法「やらないと気持ち悪い」状況に持って行くこと。

理想は「やらないと気持ち悪い状況」に持っていくこと。

一度習慣に出来れば、継続することは言うほど難しくありません。

筋トレは自分の体を使った作業ゲーです。

その2.いつぐらいに効果が出始めるのか?

3か月です

もちろん、個人差はあります。

どんな世界でもそうですが、100%はないということです。

 

それでも、3か月。

日数で言えば100日前後。

それぐらい物事に打ち込めば人間、何かしらの変化は絶対に起きます。

 

この3か月は

節目になる数字ですね。

僕がトレーニングを本格的に初めて、トレーニーとしての自覚が芽生えたのも、3か月目ぐらいからでした。

自覚はすごく大事でして、自分が強くなる覚悟を決めた時、また新しい次元が見えてくると思います。

そう言った精神的な成長を自ら気づけるところも筋トレの楽しさです。

プロテインに関して。

まずステマでもありません。事実です

プロテインは間違いなく効果があります。

でも、最初のうちは無くても構わないです。

 

なぜならば、プロテインにはお金がかかります。

そのお金は筋トレが継続できないと意味のないお金です。

だから、「筋トレを始めるから。」といって安易にプロテインに手を出すのは良くない。

ある程度、筋トレを続けるめどが立ってから手を出す。

これが一番無難です。

「無難なやり方でいいの?」

と思うかも、です。

しかし、

筋トレは無難に地道にやっていき、栄光を手に入れる。

そう言った世界です。

 

だから、ある程度最初のうちは

体を筋トレに慣れさせる。

ここに主軸を置いていくべきだというのが一トレーニーとしての持論になりますかね。

多くのブログでは、儲かるからプロテインをお勧めするわけですが。

 

それはベターであり、ベストのやり方ではない。

 

と思います。

 

ただし、プロテインの答えの一つとして僕は以下の持論を持っています。

詳しい詳細は↓

筋トレ初心者~中級者で一貫して使えるプロテイン考察。

【ステマ】一番効果のあるサプリを紹介。

話は戻ります。一番効果のあるサプリメントは、

努力です。

厳密に言えば、死ぬほど鍛えた後に食べる肉や卵、刺身程、筋肉が喜ぶものはありません。

太古の昔から男は体を動かして良い肉に食らうことに喜びを感じていたのでしょう。

※追記※筋トレ初心者が持つべき食事に対しての意識

とはいえ、ゆくゆくは食事に対して気を使うタイミングがくるだろう。

と考えている人は、多いのではないかと思います。

ということで、どうしても気になる方は見て行ってもらえればと思います。

筋トレ初心者に告ぐ食事についての概要記事。

本能を刺激する方法

筋トレと本能は密接な関係があります。語弊を恐れずに言えば、

女性も良いサプリです。

好きな女優の写真を見たあとトレーニングに入ると、思いのほか集中できます。

ラブソングの後、体を動かすのが最強

上の通りです。

ラブソングと筋トレ

対極にある2つのコンテンツが、意外と相性が良かったりするわけです。

 

オススメの一曲はコレサワの

私を彼女にしたいなら

です。

 

その3.継続をする方法

結局続かないと意味ありません。

継続の極意をここでは紹介していきたいと思います。

結論、

モチベーションの維持。

これが答えです。

 

自分なりにモチベーション維持に効果のありそうな物を見つけていきましょう。

  • 漫画
  • プロテイン
  • YouTube

娯楽は最強かつオススメです。

やる気というのは、無理に引き出そうとするとかえって萎えます。

自然な形で引き出すのが一番であり、そういった意味では漫画やようつべなどが効果的です。

漫画

費用 手軽さ
50巻前後で3万ぐらい

作品は、強くなりたい。という欲望を刺激してくれます。

百倍の重力でトレーニングを頑張る悟空を見てモチベーションアップに利用していました。

YouTube

費用 手軽さ
タダ

YouTubeでは筋トレについて、モチベーションを上げてくれる動画がたくさんあります。ただ色んな動画を見ている内に、関係のない動画にたどり着く場合も。あと動画を見るだけでは、身体は強くなりません。

ドМ化

費用 手軽さ
タダ

ドМ化するのも、オススメですね。

  • 筋肉痛が気持ちいい
  • 追い込むのが気持ちいい
  • 心拍数が上がるのが嬉しい

割とこういった気持ちをもってトレーニングに臨む人が多かったりします。

続けていく中で、心まで強くなっていくんでしょうね。

まとめ。筋トレ初心者がすべき、一番大事なことって?

続けることです

続けていけば、次第にやらないと、気持ち悪くなってきます。ここまでいけば、より強度の高いトレーニング(ウエイト)を展開でき。さらに効率は伸びていくはずです。

さすれば、スムーズな流れで、体を肥大させることが出来ますね。

ゴールは違うがやることは同じです

人によって、ダイエットや体をごつくする。など目指す場所が違いますが、とにかく続けないと意味がありません。

だからこそ、継続する手段を自分なりに編み出すことは有効です。

まとめ

まあいろいろ書きました。

その中で、続けることが最も大事とも言いました。

とはいえ、それ以上にすべきことは

「初めること」

「あんな体があったらいいな」と、捕らぬ狸の皮算用をしたところで、意味がない。

 

思い立ったらすぐ行動。

これこそが、マッチョになるため。

さらに言えば人間として強くなるために最も重要なことです。

ということで、最後に言いたいことはこれ。

 

いつやるか?

「今でしょ!!」

僕はこれから頑張りだす人に以下の言葉を送ります。

小さなことを積み重ねることが、とんでもない所に行くためのたった一つの道だ

~イチロー~

 

続けて読みたい

【筋トレはじめ方】筋トレに必要な道具を解説していきます。

【筋トレはじめ方】筋トレに必要な道具を解説していきます。

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円程度です。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者がつき5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプ ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-生き方, 筋トレ

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.