ネット知識 ブログアフィリエイト 生き方

ブログの文章が書けない人へ。意外と多くの人がやっていない方法を公開。

お疲れ様です。

ハサミと申します。

 

今回は

ブログで文章を書けない人へ。

ちょっとした、書き方について紹介していこうと思います。

 

作業をしたいんだけど、書くことが思い浮かばなくて全然先に進まないな。

そんな人はぜひ参考にしてもらえれば。と思います。

 

僕自身最初の頃は、どういった風に書けばいいかわからなかったものです。

それでも、続けていく内にコツを掴んでいくことが出来。それによって作業効率がどんどん伸びていきました。

効率が伸びれば、収益も出やすくなります。そういったことを考えれば

書けるようになること

はすごく大事ですよね。

 

御託や前置きを並べても仕方がないですね。

早速、方法論を書いていこうと思います。

ブログ文章が書けないときの対処法を公開。

まずは正攻法から紹介します。

それはインプットを増やすということです。

やっぱり、情報を収集しないとアウトプットはできません。

 

売れっ子ブロガーがあんなに多くの記事を定期的に投稿できる一番の理由は、

インプットが多いからです。

外に出す量と見合う量、日々取り込んでいるわけです。

 

僕自身の経験から言えば。

インプットが無くなれば明らかに記事の質が落ちてきます。

二番煎じのぺら記事を量産してしまうことになり、昔は僕も悩んでいました。

ぺら記事でもうまく立ち回れば金は稼げる。でも、正攻法で行った方がスキルも身に付く。

正し。ぺら記事でもうまく立ち回れば、稼ぐことが出来ます。

でもやっぱりそういった小手先の技術を身に着けるよりか。

ある程度のレベルに達するまでは、いろんな記事を書いた方がレベルも上がるだろう。

と僕は思います。

それに、気持ちが良いじゃないですか。

 

ということで、インプットを増やして話のレパートリーや語彙を増やしてみることをお勧めします。

本が好きな人なら熟読すべきですね。

個人的に読書家はブロガーにおいて最高の資質だと思っています。

 

ただ。

インプットと一口に言っても、難しい本を読むことや書物を読み漁るだけではありません。

漫画も立派なインプット

僕のインプットを支えていくれているのは漫画の存在が大きいと思います。

漫画は言葉に触れることが多いコンテンツです。

そこで得た知識や言い回しを自分の記事に流用する。

と、割と良いセリフを書くことが出来ます。

こういったことを言えば、

盗作じゃん

という人もいると思いますが、そこは自分なりの言い回しに変えてしまえばOKかと思います。

あまり大きな声では言えませんが・・・

こういったことは言いたくないのですが、

上手くパクることって、

実はめちゃくちゃ大事です。

コンテンツを1から育てるには時間がかかります。

でも、ある程度の形が出来上がっている物の構成を盗めば。

コンテンツを育て上げる時間を短縮することが出来ます。

 

注意点を言えば、もちろん完全丸パクリはダメですが、パクっていく中で

良いモノ共通点。

ここが分かると思います。それが事故のスキルを上げるうえで効果的だったりします。

今ある現存の技術はパクリが多い

ちなみに、大手企業でもパクります。

例えば、アニメーションには光の残像っていうものがありますが。

あの表現技法はAKIRAというアニメーションから多くのクリエイターが真似た。

と言います。

 

出来のいい物をみんながこぞってパクるからこそ、その業界は盛り上がっていく。

ブログの世界でも、売れてる人のやり方や書き方はどんどん真似て言っていけば良いと思いますし。

漫画や本なんかの名言も自分流にアレンジして、流用していけばOKだと思います。

 

勿論、このブログの言い回しで気に入ったものがあれば勝手に盗んでいって問題ありません。

僕自身、それだけで上に行けるほど甘い世界でないのは理解しているからです。

書けない人がすべきこと1.決まった言い回しを身に着ける

大手のブロガーさんを見ていると、

この人前も同じこと言ってたよな?

と思う場面があると思いますが、あれで良いのです。

 

決まった言い回しを身に着けることは作業・収益化の効率を向上させます。

このケースはこの言葉を当てはめて、ああいった展開になってきたらこういったフレーズを。

といった風に事前にプログラムされていたら一々悩む必要がなくなりますし。

 

さらに言えば、人気が出ている記事の言葉ならば他で流用してもさしたる問題にはならないのです。

むしろ、

何回も同じことを言うんだから、本当に伝えたいことなんだろうな。

と相手が思ってくれたりします。

落語の世界や芸能界でも。

落語や芸能界なんかでも、同じ話を何度も繰り返し話すことが多かったりします。

同じ話をすることによって、よりその話に磨きがかかり。

1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と、どんどん深みが出てくるのです。

 

ブログでも何度も同じ言い回しを繰り返していく内に、使いどころが分かってきて。

より効果的な使いかたを覚えていくものだと思います。

この話、前もしたよなあ。

と現在、頭を抱えている人がいるのであれば、その話を繰り返してください。

 

それを繰り返していくことで、何度も言う様に「熟練度」が磨かれていくのです。

それに、大概の読者は自分のブログ記事を初めてみる人ばかりです。

そういったことを考えれば、何度も同じ話を繰り返すこともさしたるダメージはないのです。

SEO的に不利じゃないか?

「同じセリフを何回も吐くブログにオリジナリティなんて生まれるのか?」

「SEO的に不利なんじゃないか?」

という人もいると思います。

 

これに関しては、そんなことはない。

と言っておきます。

 

確かに、1記事まるまる別記事と同じような内容ならば、コピーとみなされてしまうかもしれません。

ただ「言いまわし」なんて、使いどころは1記事の中のワンフレーズだけでしょう。

それぐらいなら、全く問題ないと思います。

また、その言葉がきっかけで読者が感激し、滞在時間が延びれば。

むしろSEO的に正解ともいえます。

書けない人がすべきこと2.ネタ切れ対策を行う

そもそも文章が書けない理由はネタ不足が原因だ。

という場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合は、

  • 過去記事の掘り下げ
  • 無料ツールを使う
  • レビューをする

このあたりが対処法になってくると思います。

ネタ切れ対策1.過去記事の掘り下げ

自分が過去に書いた記事をよくよく見てみれば、掘り下げが甘いという場合があります。

掘り下げが甘い=ユーザーからしたら不便

であり、そういった時こそ掘り下げの記事を書いていくべきだ。

と思います。

 

例えば、筋トレ系ブログの「上半身の鍛え方にアプローチした記事」なんかでも。

上半身の鍛え方ひとつとってもいろいろあります。

その鍛え方についてもっと具体的な書き方が出来るはずです。

経験値の高い人ほど、掘り下げは有利だ

恋愛にしても「好きな人と付き合う方法」を書いただけでは、掘り下げが甘い。

年下と付き合う方法、シチュエーション別で使えるテクニック、喜ばれる場所。

など。経験豊富ならば、より踏み込んだ内容の記事を書くことが出来ます。

 

そうすれば、読み手はより満足してくれるし、自分もネタ切れを回避できるし。

一石二鳥だと言えます。

掘り下げはネタ切れの救世主です

どんな分野にしても、掘り下げれば下げるほど内容は濃くなります。

濃さ=コンテンツの充実度であり。

こういったものを読者&Googleは求めているわけです。

SEOで人を集め、集めた人を納得させる。

そうすれば、勝手に金は稼げていく算段ですね。

 

だからこそ、掘り下げ記事を書くことはブログ記事を書けない人にとってオススメの手法である。

ともいえます。

ぜひ書くネタが無くなったときにやってみてもらいたいです。

ネタ切れ対策2.ラッコキーワード兄貴に頼る。

それなりにブログをやっている人は

ラッコキーワード

(旧関連キーワード取得ツール)

というものをご存知だと思います。

 

これは、稼いでいる全てのアフィリエイターが使っているともいえる、

最強のネタ切れ回避ツールです。

 

仮に使ったことのない人は、ぜひ使っていくことをお勧めしますね。

誘導詐欺とも思われてオッケーです。とにかく使うべきで、

あえて言葉を強めて、使え。

といっても良いかもしれません。

それだけ協力&便利です。

派手な効果性はありませんが、長くやっていきたいなら重宝するはずです。

使い方は簡単です

使い方は簡単で、「筋トレ」と検索窓に打てば筋トレに関する様々なワードが出てきます。

(筋トレ やり方 筋トレ 自重などです)

使いやすく、サイトが簡単な造りなので軽い。

だから作業の片手間に利用することが出来ます。

 

これらの関連ワードは全て実際に検索されているワードです。

だから、このワードをもとにして良い記事を書けば半年後には多くの集客が見込めるかと。

ぼくの場合は「筋トレ 初心者」で、人を集めていますね。

ちなみに

この記事も関連キーワード取得ツールから言葉を拾い上げ、書き上げました。

「ブログ 書けない」ですね。

この検索ワードに肉付けを行って、タイトルを作り出し。さらに言えば、文章も構成しました。

 

ラッコ兄貴はマジで最強なので、これからもお世話になりたいです。

ネタ切れ対策3.レビューをする

自分のノウハウが底を尽きたのであれば。

レビュー記事で食いつなぐ。

という戦法もアリだと思います。

 

例えば、宇宙兄弟を読んだ感想を書く。

これだけでもいいわけです。

僕はファンなので、多分ガチれば、それなりの記事が書けると思います。

 

熱意のある記事ならば内容が濃くなります。

そうなれば、Googleも評価するし。

なにより、読んでいる人も共感者が生まれるだろうし。

SEOに明らかに有利です。

プライドを捨てられない人は何をやってもダメだ

レビュー記事なんてありふれたもの書きたくねえよ。

という人もいるかもしれません。

しかし、その記事の末尾にUネクストの広告を張っておけば。

それだって充分収益化に貢献する記事になります。

 

プライドを捨てて、手段を模索すればアフィリエイトは沢山の稼ぐ手段が見つかるのです。

だから、プライドを守るぐらいなら、かなぐり捨てろ。と常に自分に言い聞かせています。

 

ちなみにUネクストとは、それなりに高単価の(1000ぐらい)案件です。

しかも、誰でも提携できます。無料でアニメ見放題。映画、ドラマも有料ですが見れます。

オタク文化の強い日本では割と穴場の案件だと思いますね。

雑記ブログを書きたい人なんかは、悪くない案件だと思います。



U-NEXT

書けない人間の悩み。ネタ切れに関して思うこと

ネタ切れはブロガーの敵。

とは良く言いますが、個人的に思うことは

やりようにようで、どうとでもなる。

です。

 

ネタが無くなれば、本を読めばいいですし。

今回みたいにレビュー記事だって書けば良いのだと思います。

 

書けないのであれば、何かしらの工夫を講じる。

ということがブログの世界では大事になってくると思いますね。

書けない人がすべきこと3.言葉が出ないときの対策をする

言葉が出てこない場合はどうすればいいのでしょうか。

僕が思っていることは、

兎に角、

書きたいことに一番近い言葉をそこに置いといて先に進めばいい。

と思っています。

 

ブログに限らず作業というのは進まなければ、どんどんモチベーションが下がっていきます。

一つの言葉に多くの時間をかけて作業が進まないのは、効率が悪いことなので、そこは一旦、置いといて。

どんどん書き進めていけばいいですね。

ブログの記事はリライトを繰り返すことで育てていく。

そもそも、ブログの記事というものは1発目で最高の出来になるわけがなく。

何度も繰り返し書きなおすことで、質を上げていくものです。

僕にしても、毎日記事を投稿していますがその記事の出来自体は6割、7割の物です。

 

どれだけ「完璧な物に仕上げた。」と思っても、後で見返してみれば理論の穴や、破たんに気づきますね。

そして、そういった記事は実際にアナリティクスで見ても離脱率が高いのです。

だからこそ、

「あえて」。

最初から完璧を目指さないようにしていますし、これをお勧めします。

 

勿論。

検索エンジンに認められないといけないので、最低限の質は保つことは大事です。

書き直すとは言っても、まず人に見てもらえなければ意味がありませんからね。

 

で、この時に気をつけるべきなのは

あいまあいまで話が脱線していないか?

です。

 

最近のAIは賢くて、そういった記事の検索順位は例外なく下げている気がします。

恐ろしいなと思うと同時に、話の一貫性はすごく大事だなと考えさせられます。

時間はかけようと思えば、いくらでもかけられる。

また、

時間はかけようと思えばいくらでもかけることが出来る

という点。これも僕が完璧を目指さない理由ですね。

 

ずっと同じところで足踏みしていても仕方がありません。

それならば、70点の出来の物を最速で作り上げて、足りないものをつけたしていく。

という方が効率が良いのです。

 

ということで、

「言葉が出てこなくて書きたいものが書けない場合」

一旦そこは置いておいて、先に1記事書き上げてしまった後に考えてみる。

これが僕は一番いいと思っています。

 

そのワンフレーズに時間を取られ、後に生まれてくる数十を超えるフレーズが死んでしまう。

これは非常にもったいない話です。一つのフレーズを捨てる勇気。

これを持つことが大事ですね。

最終的な話をすると

今までいろんな攻略法を書いてきました。

  • インプットする
  • パクる
  • ネタ切れを回避する
  • 兎に角全部書いてみる

これらは効果的ですが、同じぐらい大事なことは。

慣れる。

ということではないかと思っています。

書けない=経験不足の場合が多かったりする

僕の4年間にわたるブログ生活においても、

書けない=経験不足

ということが多かったなあ。と思います。

 

慣れて来れば、

文字を書いている最中に次の文が次々と浮かび上がって、滞りなく書けるようになるのです。

そして3000字や4000字という長文でもさらっと書くことが出来るようになります。

ブログで稼いでいくのなら、この領域をぜひ目指してほしいですね。

文章を生み出す能力は慣れで身に付く

「それって才能がいるだろ。」

という人もいるかと思いますがこれに関しては慣れですね。

 

僕も最初は点でダメでした。それでも半年ぐらいたてばどんどん生産性が磨かれていき。

現在は3000字くらいの内容ある記事を30分で書き上げるぐらいにはなっています。

こうなれば、書くことが楽しくなってきますので、収益化の糸口になると思います。

 

楽しい=最高の作業状態です。

しかし多くの人が個々にたどり着くまでに撤退する。

という悲しい現実があります。

大事なことは一つ。ただ続けるだけです。

と、継続することに念を押しつつこの話をたたんでいこうかと思います。

 

最後に継続に関する名言を一つのせていきます。念には念を入れよ。

ということで、この言葉を聴いてやる気に火をつけてもらえれば。と思います。

進歩しないものはすたれ、退かず努力するものは必ず前進する

福沢諭吉の言葉です。1万円にもなっているすごい人で、結果を残している人が言えば説得力が増します。

この言葉通り、1ミリでも良いので、前進していくこと。

これを胸に作業に入っていきましょう。

 

ということで、今回の記事は以上です。

ご清聴ありがとうございました。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-ネット知識, ブログアフィリエイト, 生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.